09/01/30の2

ようやく帰宅


S600と比べると、まずCCDの大きさが違う。LX2は1/1.65型 1045万画素。いっそ500万画素くらいに落としてしまえばよかったと思うが、まあ、他社の1/2.33型CCDより余裕があることは間違いない。
暗い場所での撮影では特に差が出るはずだ。

前ページの写真の一部を原寸でトリミング。LX2


同じくS600


室内で LX2 F2.8 1/20秒 -1/3補正


S600 F2.7 1/30秒 -1/3補正


上の一部を原寸でトリミング LX2


上の一部を原寸でトリミング S600


LX2 F4.9 1/3.2秒 ISO200


S600 F5.8 1/5秒 ISO800

やっぱりノイズの出方がだいぶ違うようだ。
今日は雨なのであんまり頑張らないけど、少しずつ慣れていけば、また、色味の設定などを変えていけば、S600よりは確実にきれいな写真が撮れるだろう。
でも、やっぱりLX3のほうを買えばよかったなあ。F2.0-2.8は魅力だよなあ。
雨がざんざん降っていたけれど、ジョンのお散歩。3週間ぶり。昨夜、あんなに泣きわめいていたのに、行ったら、ひゅう〜んと切ない声を上げただけで、それほど大騒ぎはしなかった。泣きつかれちゃったのか。
雨が降っているから飛びつくのを少し遠慮していたのか。

発売中! 『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社現代新書)

朝日新聞be連載『デジカメのキモ』、YomiuriPC連載『デジカメ写真サクッと修整講座』などの写真をカラーでふんだんに使った、デジカメ本の決定版登場!!
デジカメ業界最大のタブーに切り込み、読む者のもやもやをスッキリ取り払う。間違った思いこみや「定説」の呪縛から解放されれば、デジカメライフはこんなに楽しくなる!

一つ前の日記へ一つ前へ    目次へ     >>阿武隈図鑑へ<<     次の日記へ次へ

★タヌパック音楽館は、こちら   ★阿武隈情報リンクは、こちら

『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社講談社現代新書)

『デジカメに1000万画素はいらない』

(08.10/講談社講談社現代新書、940円+税)……   デジカメ業界最大のタブーに切り込んだ問題の書。やさしく興味深く読み進め、読み終わったときには自然と写真がうまくなっているという二度おいしい本。サンプル写真はすべてカラーで収録。
立ち読み版へ!立ち読み版ページへ

アマゾンで注文!アマゾンコムで注文で注文


ギターデュオ KAMUNA