09/05/04

アカガエルもシュレも今が正念場


連休まっただ中。田んぼはどこも田植えスタンバイ状態。イノシシが死んで、その手前でいっぱいアカガエルのオタマが泳いでいた水路は、すっかりきれいに掃除され、バンバン水が流れている。
ここで孵化したアカガエルのオタマたちは、泥さらいのときに一緒にすくい上げられて干上がり、わずかに残ったオタマは田んぼの中へ。
人間の精子受精競争なみの生き残り確率だ。
田んぼに流れ込み、何度かのトラクターによる代掻きにも耐え抜いたオタマだけがカエルになるチャンスをつかむ。

09/05/05


シュレの卵救出作戦も今がピーク。
なんと、ビニールハウスの苗代の横に産んだアホなシュレがいた。ビニールハウスで作業していたお隣のけんちゃんが「ハウスの中に白いものがあるんだけど、見て」というので入ってみたら、シュレの卵だった。
もちろん救出。
その他、代掻き直前の、水が入った田んぼから、シュレの卵をいくつも救出。
最近は代掻き作業を始めているおじさんたちから顔をすっかり覚えられて「あそこにもいるよ」と教えてもらえるようになった。
トラクターが入る前にせっせと卵を集めている変なおじさんとして認知されると、こちらもやりやすい。

バケツにいっぱりすくい上げて、あとはうちでオタマにかえす


な〜にやってんだか……とジョン

日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力


カムナの調合

カムナの調合

(96.3/読売新聞社、1600円)……佐渡を起点に、人間が突如狂暴化する謎のウイルスが日本上陸か? 『天狗の棲む地』の続編的作品。『ダ・ヴィンチ』誌が特集した「映画監督が映画化したいと思っている日本のミステリー」で、鹿島勤監督が第一位にあげた作品。

(立ち読み版へ)   アマゾンコムで古書を注文   たぬ書房マークたぬ書房でも扱っております。

発売中! 『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社現代新書)


一つ前の日記へ一つ前へ    目次へ     >>阿武隈図鑑へ<<     次の日記へ次へ

★タヌパック音楽館は、こちら   ★阿武隈情報リンクは、こちら

ギターデュオ KAMUNA