09/09/07の2

アクアマリンふくしま(2)


4階は「ふくしまの川と沿岸」と題した常設展示コーナー。うちの周りにいる生物もいるので親しみがわく。これ↑は山女

ゲンゴロウ。模型じゃないよ


この先に、この施設が誇る大水槽がある。黒潮と親潮がぶつかった「潮目」を再現したもの。最初に水槽の上部が目の前に現れ、回遊するイワシなどの大群が出迎えるという趣向。

混み合ってますねえ


最初はびっくりするけれど、みんなすぐに飽きて?移動していく


大群が来ると光が遮られて暗くなる


魚に混じってウミガメもこんにちは の図


変な顔の魚が一匹泳いできたと思ったら……


口をぱかっと開けた……これはなんでしょね


カツオ・キハダ・シイラ・クロマグロ・マイワシ・ウシエイ・アオウミガメ・オニカマス……なんかがいるんだそうですよ。

△トンネルの先が親潮側。ここにはゴマフアザラシなんかもいるのね
下のほうには人間の姿が……左に見えているのが△トンネルの上部
ここから左側が黒潮側、右側(アザラシがいるほう)が親潮側


その先には「北の海の海獣・水鳥」と題したコーナーがある


タイヘイヨウセイウチ……餌をもらっているところだった


わ〜い


なんだあ


アクリル1枚隔てると別の世界


こんな顔ですわ


牙、長いでしょ


『テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書) なぜ地デジにしないといけないの? もやもやの正体はこれだった!

テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書 発売中)

ハイクオリティメディアのBSを通販番組のゴミ捨て場にしたのは誰か? 欧米は「地デジ化」したのではなく、「デジタル放送化」したのである。地デジ化で困る人たちはこんなにいる。地デジテレビでアナログ画質を見続けなければならない人たちとは……?
伝えられていない驚くべき真実がいっぱい。テレビに騙されることなく「仕組み」を知って、賢く対処するための本。
すでに買い換えた人も、これからの人も必読。 地デジの嘘、錯覚、思いこみから、現実的な現代テレビ購入術まで、巷で言われている曖昧な情報を一掃し、クリアな見通しを提示。これで「テレビへのもやもや」が消える。
★立ち読み版はこちら

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う    bk1で買うbk1で買う    
「ある力」が働き、初版部数が極端に抑えられてしまいました。このままですと葬り去られる可能性があります。ぜひ予約をお願いいたします!!

一つ前の日記へ一つ前へ    目次へ     次の日記へ次へ



★タヌパック音楽館は、こちら   ★阿武隈情報リンクは、こちら

日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力 ギターデュオ KAMUNA