09/10/30

LX3のバージョンアップ


LX3のファームウェアがバージョンアップしたと、読者から教えてもらった。かなり大がかりな変更で、AFスピードがかなり速くなった。
AFの合焦速度がファームウェアだけでこんなに変わるとは……。

ついでに、「マルチフィルムブラケット」という機能を試してみた。3つまでのフィルムシミュレーション設定で連続撮影するというもの。連写ではなく、同じショットを別の処理で3枚記録するということだろう。
上左から、スタンダード、ネイチャー、ヴィヴィッドという設定。
ネイチャーという設定がいちばんきれいかな。

ノーマルのAWB


やや赤を強調
ホワイトバランスの微調整もまた行っているらしい。ついでなので、 ホワイトバランスブラケットというのもやってみた。上がノーマル状態のオートホワイトバランス。下は赤を少し強調したもの。

次は、いつもやっている露出のオートブラケット。

-1/3補正


-2/3補正


補正なし


僕は普段から-1/3補正で撮っているので、露出1/3補正でオートブラケットにすると、補正なしがいちばん明るいパターンになる。

再びマルチフィルム機能で。どうやら、「ネイチャー」はコントラストとシャープネスを強調し、「ヴィヴィッド」はホワイトバランスを変更しているようだ。
で、微妙にずれているから、1枚をマルチ処理するのではなく、3枚連写しているらしい。

日本のルールは間違いだらけ 実は世の中こんなにいい加減だった! 

日本のルールは間違いだらけ』(講談社現代新書 10月15日発売)

第一章 日本語のルールはこんなにおかしい 第二章 交通ルールのバグで殺される 第三章 性風俗は曖昧ルールの九龍城 第四章 法律はお上のご都合次第 第五章 公職選挙法という不条理

JIS漢字の1%は「存在しない」文字、福知山線事故は大隈重信の責任?、ソープランド誕生秘話、PSE法という大量破壊兵器、自公政権は本当なら2003年に終わっていた、裁判員精度は無理である……などなど、AIC(Asahi Internet Caster)『デジタルストレス王』の中でも反響の大きかったコラムを全面改定&大幅加筆、改訂。「愚ルール五悪の法則」というセオリーの下にまとめあげた読み物。

★立ち読み版はこちら


今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う    bk1で買うbk1で買う    

『テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書) なぜ地デジにしないといけないの? もやもやの正体はこれだった!

テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書 発売中)

ハイクオリティメディアのBSを通販番組のゴミ捨て場にしたのは誰か? 欧米は「地デジ化」したのではなく、「デジタル放送化」したのである。地デジ化で困る人たちはこんなにいる。地デジテレビでアナログ画質を見続けなければならない人たちとは……?
伝えられていない驚くべき真実がいっぱい。テレビに騙されることなく「仕組み」を知って、賢く対処するための本。
すでに買い換えた人も、これからの人も必読。 地デジの嘘、錯覚、思いこみから、現実的な現代テレビ購入術まで、巷で言われている曖昧な情報を一掃し、クリアな見通しを提示。これで「テレビへのもやもや」が消える。
★立ち読み版はこちら

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う    bk1で買うbk1で買う    

一つ前の日記へ一つ前へ    目次へ     次の日記へ次へ

ストップ!風力発電

ストップ!風力発電 鶴田由紀・著

かつて北欧を旅行したときに見た洋上風車の風景に感動し、環境問題に目覚めて、帰国後、市民風車への献金をしようとした著者が、風力発電の恐ろしさ、馬鹿馬鹿しさに気づき、隠された真実を、今、淡々と報告する。「大変な問題なのに、ほとんどの人はまったく知らない」ことの恐ろしさを訴えるために。
全国の「風車ファン」必読の書。もちろん、風力発電懐疑派のかたにとっても最良のガイドブック。
アットワークス刊、1200円+税   注文はこちらから  



★タヌパック音楽館は、こちら   ★阿武隈情報リンクは、こちら

日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力 ギターデュオ KAMUNA