2011/10/11の2

人生の大掃除開始までの苦悩(承前)

まだかろうじて動くかもしれないオープンリールマスターレコーダー。2トラック38cm/秒のやつ。10インチリールがかけられないので、10インチのテープは聴けないまま。
これも持っていくことになるだろうが、死ぬまで使わない気がする。
ほとんどDATにコピー済みだし。

U110とS330。タヌパック最初のCD『狸と五線譜』を作ったときの機材


S330につないであるデジタル方式ディスプレイ。今はもう入手困難であるが、
S330を今後使うかどうかというと、限りなくNOだろうなあ……さてどうするか


オープンリールのマスターテープ群

Aと書いてあるのは2トラックの意味


書斎に戻って、文庫本群……


このへんは、まず絶対に読み返さないな


かなり焼けている文庫本って、古書店でも引き取らないだろうしなあ


ここにもちょっとだけ写っているが、「と学界」からツッコミが入りそうな本もいっぱいある

本って、ほんとに困るね。処分に。
草野心平はうまいことやって川内村にごっそり処分してしまった。それが「天山文庫」。
中を見せてもらったけれど、古書として値打ちのあるような本は見あたらなかった。
天山文庫の価値というのは、建物の風情と池のガマガエルくらいかなと思っている。
それでも、やはり本というのは面倒くさい。
どうしたものか……。
それ以上に、カセットテープは困ったな。ゴミとして捨てるしかないかなあ。
自分の人生を見ているのと同じで、なかなか捨てがたいのよね。
若いときって、これを全部録音して何度も聴いていたわけで、今では信じられないエネルギーを音楽に費やしていたのだなあ。
その時代に勝負できなかったらもうおしまい、ということが、改めてよく分かる。
人生、虚しいねえ。

午後、助手さんを逗子の実家に迎えに行き、帰りに横浜の親父のところへ。一緒に晩飯。
反町の菊家という鰻屋で鰻を食う。下から2番目のランクのやつで、2600円くらいだったかな。
つかの間の贅沢。

神棚がある店内


昭和の風情そのまま


鰻重


僕はご飯と蒲焼き別々にしてもらった。値段は同じ
親父はあと一週間で誕生日。83歳に。宮脇昭教授と同い年。
宮脇教授は103歳までは生きると言っている。あと20年。あたしはあと20年も生きる自信がない。
鰻をおいしく食えるうちは、生きていたいが。


たくき よしみつ 新刊情報

裸のフクシマ ★10月15日発売 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
使い分けるパソコン術 ★9月20日発売 800円(税別) 『使い分けるパソコン術 ──タブレット、スマートフォンからクラウドまで』(講談社ブルーバックス)
iPad、スマホ、クラウド、ツイッターなどのSNS……怒濤のデジタル潮流の中で溺れることなく自分流を貫くには、「使いこなす」よりも「使い分ける」発想が必須。「選ばない」「使わない」ことだって使い分けのひとつだ。失敗する前に読んで、賢く「使い分け」るための羅針盤ブック。

第1章 iPad、買っていい人、悪い人
第2章 タブレットとネットブックを使い分ける
第3章 スマートフォン、買っていい人、悪い人
第4章 クラウドサービスを使い分ける
第5章 ブログやフェイスブック、ツイッターを使い分ける

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う    bk1で買うbk1で買う    

⇒立ち読み版はこちら


一つ前の日記へ一つ前へ    abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ







↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能こちらへ



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始



  タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力