2012/02/16の3

多気山不動尊の埋もれていた狛犬


……で、これまた暗かったのでもうちょっとで見過ごすところだったが、蔓草にすっかり埋もれている狛犬らしきものがあるではないか。
絡まった蔓草を懸命に取り除いてご対面。

暗くて全然分からない


台座の上の足だけ見えている


この足もよく彫られているね

背中側、ようやくこれだけ露出させてみた


台座には嘉永元年(1848)とある


それにしても、これはあんまりにも可哀想


顔はどこだ〜?


怪しいおじさんを見上げる吽チームの面々


ようやく顔が出てきた


暗くて見えない。しかも逆光だし。顎が落ちてますね、残念


こちらは吽。なかなかしっかり彫られたいい狛犬だ

もう、写真を撮れる限界まで暗くなってきたので、今日は充実した気持ちを抱えて帰りましょう。

今さらですが、これが本殿


帰りは別ルートで下りられる

このはじめちゃん、狛犬探検隊のぐーぐーさんはすでに報告済みなのかしら……と、うちに戻って確認したら、あら〜、やっぱり先を越されていた〜
でもまあ、下調べして確認しに行くより、こんな風に偶然見つけた興奮が味わえたのでよかったわ。

この3対の狛犬はもともとここにあったのだろうか。それともどこかの神社から持ち込まれたのだろうか。
元々あったのなら、おそらく下にあるほうが古い。いちばん新しいのが文化元年(1804)だとすれば、驚異のはじめちゃんはいつ頃だろうか。1700年代という可能性もありそうだ。
阿像の頭にあるのはおそらく角ではなく宝珠。であれば、宝珠型が流行った頃かもしれない。そうすると1700年代はないか……。
しかし、栃木の狛犬は面白い。情報が伝わっていく過程が推理できる。

たくき よしみつ 新刊情報

裸のフクシマ ★4刷り! 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら

「ガバサク流」推しのデジカメ パナソニックLX5

撮影サンプルは⇒こちら



実際に使ってみて及第点だったガイガーカウンター

反応が早くて高性能なのはGAMMA-SCOUT。安くても安定しているのはRD1503。使いやすいのはRD1706

一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ







↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能こちらへ



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始

狛犬かがみ - A Complete Guide to Komainu

狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu

(バナナブックス、1700円税込)……  オールカラー、日英両国語対応、画像収録400点以上という狛犬本の決定版。25年以上かけて撮影した狛犬たちを眺めるだけでも文句なく面白い。学術的にも、狛犬芸術を初めて体系的に解説した貴重な書。
アマゾンコムで注文で注文


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力