2012/02/17 

花の蔵


買い物に行くというので、お昼はまた蕎麦屋で。
今回は小代にある「花の蔵」。ここの口コミはWEBで見ていた。
⇒ここ とか ⇒ここ

このへんの手打ち蕎麦を出す店とはだいぶコンセプトが違うらしいということは予想していたのだが、味はどこまで頑張っているのだろうか……と。

入り口は↑こんな感じで、田舎暮らしを始めた夫婦の家に来ましたというか……プードルやらなにやら、屋内に犬がいっぱいいて、ブリーダーをしているのかしら。

で、靴を履いたまま入れるという部屋に通された。
壁には大きなポスターというかなんというかが貼ってあり、内容は鬼怒川温泉郷のホテルの案内。
提携関係? それともホテル経営グループの出店?

お昼時だが、客は誰もいない。

部屋から庭を見たところ


隣の部屋。中華料理屋風でもある


そのまた隣の部屋


これがメニュー。もりそばが1000円! というのはWEBで知っていたので驚かなかった
天合いもりを頼んだ


最初に出てきたのはおしんこ。これはうまかった


天麩羅。塩で食べさせるのはGOOD。味もまあ合格点か


出てきました。これが合いもり。なんかいろいろついている


この角度のほうがおいしそう?


最後はコーヒーゼリー。これもうまかった

蕎麦はダメ。なにせ手打ちじゃないのにびっくり。もしかして乾麺かとも思った。乾麺でももっと野趣溢れておいしい蕎麦はある。
「何割ですか?」と訊いたら、おねえさん、奥まで訊きに行った。
「二八だそうです」
なんか、訊いたことがかえって恥ずかしくも感じてしまった。

稲庭うどんはまあまあか。でも、例幣使街道沿いにある稲庭屋の稲庭うどんのほうがおいしい。

要するに、ここはホテルの食堂が出張してきたような感じなのだろうという結論に達した。
メニューがホテル風だし、店の作り方もそう。
食材などはホテルの厨房から運んできているのかとも思った。
るるぶとかに紹介されていれば、シーズンには若い観光客が来て、お洒落〜と満足して帰るかもしれない。
でも、地元のリピーターはまずつかない。蕎麦で勝負していないわけだから、蕎麦を食いたい人は来ないだろうし。
お洒落な創作料理風の食事を楽しみたければ、大沢の旬彩たくみのほうがずっと満足できる。

さて、次はどこに行こうかな。長畑庵とかかな。それとも大沢のきょうし庵かな。

たくき よしみつ 新刊情報

裸のフクシマ ★4刷り! 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら

「ガバサク流」推しのデジカメ パナソニックLX5

撮影サンプルは⇒こちら



実際に使ってみて及第点だったガイガーカウンター

反応が早くて高性能なのはGAMMA-SCOUT。安くても安定しているのはRD1503。使いやすいのはRD1706

一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ







↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能こちらへ



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始

狛犬かがみ - A Complete Guide to Komainu

狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu

(バナナブックス、1700円税込)……  オールカラー、日英両国語対応、画像収録400点以上という狛犬本の決定版。25年以上かけて撮影した狛犬たちを眺めるだけでも文句なく面白い。学術的にも、狛犬芸術を初めて体系的に解説した貴重な書。
アマゾンコムで注文で注文


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力