2012/03/27

 何時も庵に新人さん

パンク修理、うまくいったようで、今日も涼風号でお散歩に。
日曜日には箱の森に行くつもりでついつい新しい道へと右に行ってしまい、ゴミだらけの小川やらパンクやらでひどい目に合ったが、今日は迷わず箱の森へ。
田んぼにはまだ水は入っていない。あちこちの水たまりやマムシ沼をチェックしたが、やはりカエルも卵も見つからなかった。
ただ、田圃の縁にちらほらと花が咲き始めていたりして、ささやかに春の訪れを感じる。

これがあちこちにちらほらと


箱の森へ続く暗い杉林の道


箱の森到着。入り口の池を期待しつつ覗き込むが……なんにもいな〜い


敷地境界にあるビオトープ風の場所をチェック。ここにはいそうだが……


いないなあ……今度、網でも持ってきて底を掬ってみようかな
越冬中のツチガエルのオタマとかヤゴとか出てこないかしら


用水路に勢いよく水が流れ込んでいて、作付けが近いことを感じさせる。
で、重要なのは、コンクリートで整備された用水路の脇に、自然の姿に近いビオトープが存在しているというこの光景。
コンクリート三面張りの用水路を作るなと言うのではない。農作業の効率化のためには必要なことだろう。でも、その際に、もともとの自然、特に水路や湿地を併存させるデリカシーがほしいのだ。ここはとてもよい見本だと思う。
コンクリートの用水路には棲めない水棲生物などが、隣のビオトープに生き残れる。
日本中の農村に提言したい。こういう工夫をしていこうよ、と。

……で、目をさらのようにして見てみたのだが、まだ生き物の姿はなかった。アカガエルの卵とかヒキガエルの卵とかがあってもよさそうなのだがなあ。

何時も庵で珈琲タイム。
女店長の姿がない。代わりに若い女性が「おひとりさまですか?」と迎えてくれた。
訊いたら、店長は最近辞めて、店長の彼氏?が店長を引き継いだとのこと。で、彼女は接客係としてここに就職したのだという。
おうちは鬼怒川温泉の宿で、将来、宿の女将として継ぐかどうかは分からないとか。
自分で何かお店を出したいというような夢もあるらしい。いずれにしても修業中ということみたいだ。
カエルの話にのってきて、熱心に聴いてくれる。
彼女の実家のそばにもいい感じの沢とか小川とかがあって、かつてはサンショウウオやサワガニがいたけれど、そこも水路が整備されて生物が消えてしまい、つまらなくなって行かなくなってしまったと言う。
おお〜、若いのに同じ価値観、感性を持ち合わせているのね。嬉しいなあ。おじさんはついついお喋りが弾むのであった。
この前のdocomoショップ鹿沼店のおねえさんといい、ここ「何時も庵」の新入社員といい(「アルバイトではなく社員です」と訂正された)、栃木は自然体の人が多いのかな。栃木って、意外といいところなのかもしれない。

長話をしているところにオーナーがやってきた。挨拶して、湿地をチェック。

いないなあ。もしかしたら見つからないだけかもしれないが


平日の午後はまず誰もいない。独り占め


そっか、ここが庭だと思えばいいのか……と気づいた。
そう思えば少しは気持ちが安らぐかもしれないな。

たくき よしみつ 新刊情報

4月20日発売 『3.11後を生きるきみたちへ 〜福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書)


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ ★4刷り! 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら


一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ

よいお買い物研究所

放射線量計 デジカメ 洗浄便座 HDD録画テレビ あえてiPod 自転車・バイク保護
解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら



↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始

狛犬かがみ - A Complete Guide to Komainu

狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu

(バナナブックス、1700円税込)……  オールカラー、日英両国語対応、画像収録400点以上という狛犬本の決定版。25年以上かけて撮影した狛犬たちを眺めるだけでも文句なく面白い。学術的にも、狛犬芸術を初めて体系的に解説した貴重な書。
アマゾンコムで注文で注文


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力