2012/04/05

  川内村に「一時帰宅」

強風と雪で2日延期していた川内村行き。ようやく風も収まってきたので決行。
この寒い冬の間、ほとんど動かしていなかったバネットは、あたりまえのように一発始動して走る。国産車、特に商用車ってすごい丈夫にできているのね。
朝食はネギラーメンと餃子。
どちらもイマイチ。

見た目はうまそうなのだが、なんだかなあだった


矢板あたりまではこんなものなのだが……


那須に近づくにつれてどんどん上がっていき……


走行中の車内でもこのくらいまで上がる。那須塩原あたり
一瞬、0.9とかになって警告音まで出た。外を見ると、田んぼで畦塗りしている


福島県へ入る。このへんは補償から外された白河市エリアだが、線量は決して低くない


昼ちょっと前に到着。
とりあえず家は無事。水もちゃんと出た。
この冬は異常な寒さで、あちこちの家でポンプが凍りついて壊れたり水道管が破裂したりしているので、どうかなあと思ったのだが、大丈夫だった。
メインの井戸は水中ポンプだから動いたけれど、もしかして、サブの沢水くみ上げポンプは壊れていたかもしれない。確認しなかった。
トイレの便器が割れるのも心配だったが(越後時代に一度経験した)、これも大丈夫だった。
X90はバッテリーが上がってエンジンかからず。予備の安いバッテリーに交換して動かす。
上がったバッテリーは充電したいが、今日中にとんぼ返りするので、諦める。

すぐに点検したのは池。
マツモ池、雨池、土手池、弁天池、すべて水は完全に抜けてはいなかった。で、この4つの池全部にアカガエルが産卵していた。
川内村でもう産卵しているのに日光市ではまったく卵が見つからない。ということは、基本的に日光市のうちの回りではアカガエルが棲息していないということなのかな。水たまりもほとんどないし、なによりも森がないからなあ。
川内村の自然がどれだけ貴重か、改めて知る。でも、この程度の林や水場は、昭和30年代、40年代には首都圏にもあたりまえにあったんだよね。経済成長という言葉に乗せられてどれだけの自然を消してしまったのか、子供の頃にはあまり深く考えなかった。
日光市のような人口の少ないスカスカの地域に暮らしてみて、改めて自然破壊の度合がひどかったことを痛感する次第。自然環境をあちこちに残しながらの開発はいくらでも可能だったのに、無神経すぎる。
でも、金を注ぎ込まれれば、阿武隈の過疎地だって同じことになる。

マツモ池


アカガエルの卵がすでにこれだけ産みつけられている


寒いけど頑張ってオタマになれよ


雨池。卵見えるかな?


土手池。ここにもちゃんと産卵していた


弁天池。水はあまり抜けていない


たくき よしみつ 新刊情報

4月20日発売 『3.11後を生きるきみたちへ 〜福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書)


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら


一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ

よいお買い物研究所

放射線量計 デジカメ 洗浄便座 HDD録画テレビ あえてiPod 自転車・バイク保護
解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら



↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始

狛犬かがみ - A Complete Guide to Komainu

狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu

(バナナブックス、1700円税込)……  オールカラー、日英両国語対応、画像収録400点以上という狛犬本の決定版。25年以上かけて撮影した狛犬たちを眺めるだけでも文句なく面白い。学術的にも、狛犬芸術を初めて体系的に解説した貴重な書。
アマゾンコムで注文で注文


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力