2012/08/30

 どーでもいい話を拾って

ちょろちょろ漏れた話など。
『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』をCSでやっていた。
これは第四回かな。1990年。今から22年前。
一瞬、移動中のバスの中の出場者が映し出されたとき、「テンション」が映った。
田口浩正(上右)と小浦一優(上左)。田口はそのまま俳優になったが、小浦はいろいろあった後で、芋洗坂係長として2008年のR1グランプリで準優勝して芸能界に返り咲いた(左)。
小浦氏の激変ぶりはものすごいなあ。同一人物にはどうしても見えない。やっぱりどこかですり替わっているのでは??
人間こんなに変われるものだろうか? 念のため断っておくと、小浦一優は上の写真の向かって左側。右側は田口浩正で、今もそんなに風貌は変わらない(右)。

でも、自分もここまでは変わらないとしても、激変していることは間違いないのだろうな、と思う。
人間、自分の姿をちゃんと見られないのだよね。物理的にも無理だし(目が身体の外側にはないから)、精神的にもいいように見てしまうから。
芋洗坂係長の人生って、ちょっと興味がある。文学になるような予感があるのだよね。

8月30日ののぼる↑

2012/09/01

セクレタリーとガーディアン



神使になった動物たち 福田博通・著 が著者の福田さんから送られてきた。
200ページ超 オールカラーで2500円という大出血価格設定。おそらく自費出版に近いのだと思う。大変な負担をされての出版ではないだろうか。

福田さんとは狛研で何度かお会いし、話もしたが、僕が狛研を離れてからは会っていない。
でも、過去に何度か、自宅のインクジェットプリンターで出力したA4のカラー資料をファイルケースにまとめたものを送ってきてくださっている。
今もそれは僕の仕事場の横の棚にあり、いつでも参考資料として閲覧できるようにしてある。

「神使」(しんし)というのは神の使い。稲荷神社のキツネが代表的な存在。
一方、狛犬は神使ではない。狛犬は神を守護する守護獣。英語で言えば、神使はセクレタリーで、守護獣はガーディアンの役割。キツネは秘書だが、狛犬は門番なのだ。

福田さんは最初、狼像に惹かれて研究を始めて、そのうちに神使全般までターゲットを広げたそうだ。
今回の本はその集大成。
すばらしい内容。


200ページを超える内容。すべてカラー


以前いただいたファイルの横に置いた

この本を見ていて、日光周辺には古い猪像が多く残っていることを知った。
前にも見ていたはずだが、日光に住むなんて思ってもいなかったから、それほど気に留めていなかった。でも、今はちょっと足を伸ばせば確認できる。
で、それらを見ているうちに、多気山不動尊のカバ顔の狛犬は、狛犬ではなくて猪なのかもしれないと思い至った。


↑これ。

別のかたで、狛犬の起源は狼なのではないかという論を寄せてくださったかたもいる。狼は神使の中では王様格だが、まだまだ謎が多い。
狼信仰には何通りもの系譜があるらしい。

山梨県韮崎市で見た2対の狛犬は、今までは、狛犬ではなく狼ではないかと思っていたのだが、改めて振り返ると、やはり狛犬なのかもしれない。
2003年5月に訪れた山神社と柳原神社の狛犬を、懐かしいので再掲。

山神社の吽像 2003年5月撮影


阿像


この阿像を見て、これは狼ではないかと思ったのだが……


祭神は大山祗だとあるが、山そのものがご神体というのがもともとの形かもしれないし、となると狼がふさわしい






以上、山神社。
柳原神社のほうは、「エノケン狛犬」と呼んでいたもので、これだけ見たら狼の威厳もスマートさも感じられない。日本一情けない顔と格好の狛犬候補。
でも、山神社の狛犬?とほぼ同じような様式で作られていることから、もしかしたらこれも狼なのかもしてないと思ったりもしていたのだが……。
これはやはり狛犬かなあ……。

柳原神社阿像


吽像

吽像の顔


阿像の顔

……と書いていたら、野出島地域活性化プロジェクトから、今年も狛犬講演会をやりたいという打診の電話があった。
元気な福島。いいね!

たくき よしみつ 新譜・新刊情報

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら

『3.11後を生きるきみたちへ 〜福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書)


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら

「ガバサク流」推しのデジカメ パナソニックLX5

撮影サンプルは⇒こちら






一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ

よいお買い物研究所

放射線量計 デジカメ 洗浄便座 HDD録画テレビ あえてiPod 自転車・バイク保護
解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら



↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始

狛犬かがみ - A Complete Guide to Komainu

狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu

(バナナブックス、1700円税込)……  オールカラー、日英両国語対応、画像収録400点以上という狛犬本の決定版。25年以上かけて撮影した狛犬たちを眺めるだけでも文句なく面白い。学術的にも、狛犬芸術を初めて体系的に解説した貴重な書。
アマゾンコムで注文で注文


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索