2012/11/02

日光市総合支所

E-Taxで毎年確定申告をしていたのだが、担当の助手さんが、もうあの便利さを変える気にはなれないというので、日光市の住基カードを作るために日光市総合支所というところに行った。
住基ネットには一時ずいぶん議論があった。
今では拒否しているのは矢祭町くらいなのだろうか?
しかし、情報を握られているという意味では、GoogleとかMicrosoftとかFacebookとかのほうがよほど気味が悪い。どっちにしろ、個人情報なんて、徹底的に握られているのが現代社会だろうな。

日光道を日光ICまで走る。山が色づき始めているのが遠くからでも分かる。

日光の市街地というか昔の市中から見る連山


ご飯を食べる場所を探してここに寄ってみた。食堂すゞき という古そうなお店


レトロ


普通のメニューの他に、こんなメニューがあった。思いきってトンテキセットを頼んでみた


店内は細長いカウンター席と狭いテーブル席


古い暖簾が店の歴史を語っている


助手さんが頼んだパスタ


かなり待たされた末に出てきたトンテキセット


安国屋はこれより分厚くて安いのだが、さて味は?


うまい


ランチセットのデザートがこんなにいっぱい出てきた。1人前

よいのだけれど、やっぱり観光地価格に近いのかなあ、とも思う。鹿沼や大沢あたりのお店だと、もう少し安いような気がする。日光の旧市街で食事をとることは今後ほとんどないだろうから、今日はちょっと贅沢をしてみた感じかな。

……で、日光市総合支所に到着。うっかり前を通り過ぎてUターンしてきた。
少し引っ込んだ高台にある。「旧大名ホテル」ということで、古い建物をそのまま使っているらしい。
へえ〜。

この坂を登ると


ある


横から見たところ


紅葉真っ盛り

⇒ここ に詳しくプロフィールが出ていた。
明治38年(1905年)の着工で、竣工が大正8年(1919年)。
//古美術骨董商として財をなした小林庄一郎氏が、日光を訪れる外国人観光客用のリゾート施設「大名ホテル」として建設した帝冠様式の木造4階建てのこの建物は、15年の歳月と35万円という建築費を費やしてようやく完成した。
建材に米松を用いた和洋折衷の入母屋造りの堂々とした貫禄を持ち、日光御用邸が開かれた大正時代には国内外の要人の交歓・社交の場として発展した日光において、金谷ホテルに次ぐ大規模な施設となった筈だが、ホテルとして営業されたという記録が残っていないため詳細が不明である。
昭和18年には日光精銅所(古河電工)に売却され職員アパートとして使用された時期もあるが、戦後は進駐軍の接収に遭い、昭和27年には古河電工を通じて日光町に寄付され、現在は市役所の出張所として使用されている。
//


……だそうだ。
国の登録有形文化財指定を受けているという、すごい建物だったのだ。知らんかった。日光、なかなか侮れず。


入り口


入ると各種窓口が並んでいるが、寒いからか窓をピッタリ閉じている


反対側に「待合室」というのがあって、書類への記入などはここでする


奥のほう。「パスポート」と水道料金受付が同じ場所


2階へ続く階段


途中で折れ曲がっている。この木の階段ももしかして明治に竣工したときのものなのだろうか?
カードを作るのに20分かかるというので、その間、3階にあるという資料室を見ることにした。
木の階段を上がっていくと……。

このページの写真はフジフィルムのX-S1とパナソニックのLX5で撮っています

ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつ 新譜・新刊情報

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら

『3.11後を生きるきみたちへ 〜福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書)


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら







一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ

よいお買い物研究所

放射線量計 デジカメ 洗浄便座 テレビ あえてiPod 大人の楽器
解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら



↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始

狛犬かがみ - A Complete Guide to Komainu

狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu

(バナナブックス、1700円税込)……  オールカラー、日英両国語対応、画像収録400点以上という狛犬本の決定版。25年以上かけて撮影した狛犬たちを眺めるだけでも文句なく面白い。学術的にも、狛犬芸術を初めて体系的に解説した貴重な書。
アマゾンコムで注文で注文


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索