2012/11/11

足尾銅山観光(承前)


坑道の展示物を見て、外へ。
坑道は約400年間にわたって掘り続けられ、総延長は1234km。東京から博多に達する距離だという。
資源を得るための労働、そこから派生する産業の規模の大きさを改めて考えさせられる。
こんな限定的なエリアに総延長1234kmというのも想像できない。
大変な労働で、塵肺などを煩い、短命。賃金はほとんど酒と博打に使ってしまうタイプの人夫が多かったという解説も。
現代にあてはめると……言わずもがなの……だなあ。とにかくいろいろ考えさせられる。

足尾といえば鉱毒公害の歴史教科書のような場所だが、展示物の中にはそれを正確に解説したものがなかった。企業の無責任体質がどれだけ放置され、致命的な環境破壊を続けていたか、材料と舞台を変え、日本中でこういうことは繰り返されていたのだなあと、今さらながら思いしらされるのだが、「銅山観光」の場ではほとんど語られないようだ。
地元の企業が出している公害であることは明らかなのに、そこで働く人、働いている人を客にしている人が多い町では、表だった抗議活動は起きない。声を上げていたのは一方的に被害を受けていた下流側の地域の人たち。
そういう構図、もううんざりだ。




トロッコ列車の発車場に歩いて戻ってくる。最初から歩いて入れれば、待たされずに済むのになあ


出口の外に通洞神社がある。狛犬と再会


ついでにかじか荘というのがあるなんとか渓谷に


紅葉の見頃は過ぎた感じ。でも、ここは穴場だな


大渋滞のいろは坂方面を避けて、こっちに来たほうが正解かもしれない


猿田彦神社に入っていく細い橋から下の川を見下ろす


狛犬はいたけれど


ごく普通の江戸タイプ。明治期






すぐ隣はキャンプ場



一時期は鉱毒公害で一木一草ない禿げ山だらけになっていたという


税金を注ぎ込んで植林し、その結果がこの風景なのだろうか。これももっと解説がほしいところ



かなり広範囲に鉱山事業の名残がある




火薬庫跡地。坑道を掘るための発破に使った火薬をここに保管していたそうだ↑↓





このページの写真はフジフィルムのX-S1とパナソニックのLX5で撮っています

ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつ 新譜・新刊情報

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら

『3.11後を生きるきみたちへ 〜福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書)


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら







一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ

よいお買い物研究所

放射線量計 デジカメ 洗浄便座 テレビ あえてiPod 大人の楽器
解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら 解説は⇒こちら



↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始

狛犬かがみ - A Complete Guide to Komainu

狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu

(バナナブックス、1700円税込)……  オールカラー、日英両国語対応、画像収録400点以上という狛犬本の決定版。25年以上かけて撮影した狛犬たちを眺めるだけでも文句なく面白い。学術的にも、狛犬芸術を初めて体系的に解説した貴重な書。
アマゾンコムで注文で注文


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索