2013/03/02

Daddy's Cafe 3月のセッション

先週土曜日のテニスは脚がつって、翌日も痛みが引かなかったので日曜日のテニスは休んだ。
徐々にやらないと怪我するもんね。

今月は9、10日は高知に行っていてテニスできないから、今日はやっておきたいところ。
ところが春一番だか二番だかが吹き荒れる天候。しかも夜はDaddy's Cafeのセッションデーだから、体力が持つのか心配。
でも、行ってみた。
ほどよく3試合やらせてもらえて満足。

そのまま夜はDaddy's Cafeへ。
今までセッションマスターを務めていたピアノの村田望さんが、今夜で最後なのだとか。
無理してでも行かなくちゃね。
このところいろいろあって練習していないし、昼間のテニスで腕もパンパン。いかんね、こういうていたらくでは。

先月初めてお会いした青柳さんの雄姿

さて、あたしのばん。何やろうかな〜。メロディアスな曲で知っているスタンダードというと、これくらいしか思い浮かばない。

Ebの曲だが、EWI4000SはAbに移調してGスケールで吹いている。どんなキーでも移調してGスケールで吹けるというのがEWIのすんばらしいところ。
こんな感じで、うまく乗れなかった。
この日は、帰り際、常連さんの一人(多分、常連さんの中では最年長の大先輩)から「音を入れすぎるプレイヤーはよろしくない」と言われた。僕が、という意味で言ったのではなかったけれど、もう、耳が痛い痛い。
そうなのよね、へたくそほど無意味に音数を増やす。僕の場合、さらにはミストーンをごまかすためにもそれをやってしまうから最悪。
しかし、こうして録音して、何度も見直す(聴き直す)ことはすごく大切だな。
何がまずいのか、どうすればよくなるのか、これからの課題は……ということがはっきり見えてくる。
その結果、いつもセッションでこうして動画を撮った後は鬱になったり、よく眠れずに夜中に目が醒めてしまったりもする。
今日は昼間にテニスで、新しい人間関係構築(大袈裟?)に気を使っていたので、それも加わり、いつもの何倍も疲れてしまった。
望さんの友達のピアニストも来ていて、二人で敢えてピアノ抜き、ハモンドのウィンドキーボード(日本の学校教育では「鍵盤ハーモニカ」と呼んでいるやつ。YAMAHAも作っていて、製品名は「ピアニカ」。この二人は高価なハモンド製を使っているのに「ピアニカ持って来た?」なんて言っている)の二重奏。
これを見たてっちゃんは「これぞ音・楽!」というコメントを書いていた。
そうだね。楽しまなくてはね。音楽は。音を楽しむと書くのだから。
でもまあ、悩むのは僕の個性ってことで……ね。死ぬまで悩みながら、ブツブツ言いながらやりますよ。

EWI4000Sのほうが頭の中に浮かぶメロディをそのまま音にできる感じで、このところギターは全然弾いてない。やっぱり僕はギタリスト向きじゃないな。ソロ楽器向き。
4歳で始めたヴァイオリンを6歳になる前にやめてしまったのだが、あのまま続けていて、その後、思春期あたりでチェロに転向……とかしていれば、今頃全然違う人生を送っていたのかもしれないなあ。

Daddy's Cafeの常連さん、サックス吹きの福田さんはEWI4000Sのことを「ずるいよね」と言う。
そうなんです。ずるいんです。アナログ楽器を苦労してマスターした人からしたら、そんな玩具持ってステージに立つんじゃない、というところだろう。
昨夜も、ヴォーカルのPinkさん(と呼ばれていた)が「オーボエの音?」と言ったのを横で聞いていた福田さん、すかさず「いや、彼のはオーボエじゃなくてオオボラです」と、ナイスツッコミを入れてくれた。
オオボラ吹き……それいいな。うまくキャッチフレーズにできないかな。オーボラ と音引き表記のほうがいいかな。
ちなみに僕のEWI4000Sは「ダブルリード」という内蔵音色になったままで、まずここから動かさない。ダブルリード楽器のシミュレート音色だから、確かにオーボエっぽいかもしれない。
もともとオーボエは大好き。でも、管楽器の中で、いちばん難しい楽器らしい。
サックスをやるなら最終的にソプラノサックスがいいなあとも思っていたが、ソプラノサックスもアルトサックスやテナーサックスに比べると音を出すこと自体が難しいということだし、その系統の音をタッチセンサーとブレスセンサーのデジタル処理でやっているEWIは、本当に「ずるい」楽器だ。
ただでさえずるいことを開き直ってやっているのだから、やはりもっと精進して、しっかり吹けるようにしたいものだ。
今は頭に浮かんだメロディの80%くらいしか吹けていない。運指練習が基本的に足りないから、思っていたのと違う音を出してしまう。そこで一気に頭の中に浮かんでいたメロディの組み立てが崩れて、わ〜わ〜とごまかすために余計な音を入れてしまう。それが下品になってしまう原因。
自信を持って、頭の中に浮かんでいるメロディを瞬時に再現できるようにしないと。それができれば、少ない音数でいいソロが吹けるはず。
メロディが頭に浮かばないときは、その時点でダメだけどねえ。
セッションでは、コード楽器の人がうまいと、どんどんこちらもいいメロディが浮かんできて、結果的にいいソロができる。そのへんがまた、セッションの妙というか醍醐味だわね。
この曲はよく知らない。題名は聞いたことがあるから、有名な曲なんだろうし、聞いたこともあるはずだけれど、あんまり記憶に残っていない。
この夜も出番が少なくなりそうだったので、このへんでしゃしゃり出てみた。Vocalを押しのけてソロを強行。このくらい図々しくいかないと、いつまで経っても遠慮したままで、吹く場面を見過ごしちゃうから。
これは確か先月だか先々月だかの最後にもやっていたような気がする。
基本的にブルースなのかな、これも。
ブルースは簡単なようでいていちばん難しいかもしれない。奥が深い。
あたりまえのブルーノートの羅列をしていたらつまらないから、何か面白いソロができないかと、いろいろ考える。でも、その場で考えている音と実際に出てくる音が微妙に狂ってくると、どんどん変な方向にフレーズがつながってしまい、収拾がつかなくなるし、聴いているほうも? ? ってなる。
引き出しをいっぱい作っておくことが大切なんだろうな。
嫌がらず、何度も練習してみるか。
ブルースの中でペンタトニックっぽいソロを展開する、というのがひとつの個性になるんじゃないかと思っているのだけれど、ブルーノートの泥臭さとの融合、バランスが難しい。
ま、課題がいっぱいあることはいいことだ。

……そんなわけで、この夜は疲れているのに夜中に目が醒めてしまい、鬱々としていた。二度寝して起きたら、すこし身体も楽になったので、二日連続のテニスへ。
身体を動かして、筋肉が悲鳴を上げる寸前までいったら、気持ちも少し晴れた感じ。
この環境に本当に感謝。

次の日記更新までにはかなり時間があくと思う。
8〜10日まで高知行き。その後、百合丘の物件を売るためにいろいろ工夫したり戻っていろいろやったり。

このページの写真はフジフィルムのXF1で撮っています

更新が分かるように、最新更新情報を年度別indexに極力置くようにしました⇒index

たくき よしみつ 新譜・新刊情報

新・マリアの父親

福島原発が爆発する20年以上前に発表された予言的な小説。
第四回「小説すばる新人賞」受賞作。改訂新版としてデジタル書籍で復活。

横書きKindleバージョン(Kindle端末、iPhone、iPod touch、iPadなどのKindleソフトで読む場合に推奨)⇒こちら

◆縦書きバージョン(iPad、iPhone、iPod touchなどのiBooksで縦書きで読む、あるいはPCで縦書きPDFで読む場合)⇒こちら



◆楽天kobo で購入の場合は⇒こちら

◆その他、アマゾン Kindleストアでのたくき作品購入は⇒こちら



一つ前の日記へ一つ前へ    abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ

たくき作品 アマゾンKindleで一挙20冊以上出版

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索