2013/03/09の2

高知へ(その4) 土佐の「おきゃく」


ホテルに荷物を置いてから、夜の「懇親会」へ。
事前に「高知に来たら おきゃく を堪能してください。きっと驚かれますよ」と言われていたのだが、なんのことだかよく分からなかった。
高知ではお客さんをもてなすことを「おきゃく」というのだろう、と思っていたのだが、ちょっと違うようだ。
詳しくは⇒ここ を参照。
イベントとして始まったのは2006年で、今年が8回目だそうだから、まだまだ新しい。

そのメイン会場ともいうべき公園へと案内される。
どこかの料亭が設営している有料エリアへ。
和服のお姉さんたちが元気よく?というか力強く??接待してくれる。
しばし、その波の中に身を委ねつつ、不思議空間を堪能?


ステージではハンバーガーの早食い競争をやっている最中


和服のお姉さんたちが頑張っている


お座敷遊びというのもやらされた。これは「べろべろ」というらしい。べろべろになるまで酔うからだろうな。
詳しくは⇒ここなどに解説がある。
コマの形のサイコロ、天狗、おかめ、ひょっとこの杯がワンセットで、「べくはい」というらしい。
飲めない人には辛い辛い遊び。

接待係のお姉さんたちも、片時もビールを手放さない。これが土佐流か


ものすごい人


これだけ集まっていても、酔いつぶれる人、バカ騒ぎしている人はいない

ところで、今回の講演会を最初に提案した永野さん、主催した高知ソフィア会(宗教団体と間違われることがあるらしいが、要するに上智大学OB会の高知県部会)の会長・岡内さん、広報から会場手配などなど八面六臂の活躍をした川戸さん、この3人が全員AB型。
朝、会場に集まっていたこの3人と一緒に控え室にいたとき、ここにいる4人全員がAB型だね、という話になった。
人が4人集まって、その全員がAB型だという確率は1万分の1ではないか? と。
淡泊、ドライ、合理的、自分のやり方を曲げない、マイペース、正義感が強い……そういうAB型気質が4人分集まると、なんとも面白い雰囲気になる。
滅多に味わえない空気だった。

料亭が設営した貸切スペースは第一部、第二部という入れ替え制のようで、第一部の時間が終了。
喧噪から離れて、「静かな場所で呑み直しましょう」と会場から連れ出された。
どこかお店に行くのだろうと思ってついていく。
「はりまや橋はもう見ましたか?」と言われて、「いえ、まだ……」ともごもご答える。
はりまや橋って、聞いたことはあるけれど、どういうところだか知らない。有名なの?
そもそも高知にあったの?
……なんてことを言える雰囲気でもなく……。
今、これを書きながら、Wikiの「播磨屋橋」を読んでみたのだが、それでもなんだかよく分からない。
西日本方面のことにはとんと弱いわたし。


その「播磨屋橋」に向かってみんなで移動


これは1998年に造られたレプリカ。「日本3大がっかり名所」として有名なのだとか


これが本来の播磨屋橋だというのだが、欄干があるだけで、「橋」とはいえない


そこを過ぎて通りを渡って、播磨屋橋商店街アーケードへ。ここも「おきゃく」の真っ最中


決して広くないアーケードに、ずら〜〜〜っと宴会の席が続いている


これは宮尾登美子の小説『陽暉楼』のモデルとなった料亭だそうだ
実はこれも名前だけは聞き覚えがあったが、中身は全然知らなかった


このページの写真はフジフィルムのXF1で撮っています

更新が分かるように、最新更新情報を年度別indexに極力置くようにしました⇒index

たくき よしみつ 新譜・新刊情報

新・マリアの父親

福島原発が爆発する20年以上前に発表された予言的な小説。
第四回「小説すばる新人賞」受賞作。改訂新版としてデジタル書籍で復活。

横書きKindleバージョン(Kindle端末、iPhone、iPod touch、iPadなどのKindleソフトで読む場合に推奨)⇒こちら

◆縦書きバージョン(iPad、iPhone、iPod touchなどのiBooksで縦書きで読む、あるいはPCで縦書きPDFで読む場合)⇒こちら



◆楽天kobo で購入の場合は⇒こちら

◆その他、アマゾン Kindleストアでのたくき作品購入は⇒こちら



一つ前の日記へ一つ前へ    abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ.

たくき作品 アマゾンKindleで一挙20冊以上出版

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索