2013/04/05

カエルのための池造り(3)放射能測定


さて、気になっていたことがあるので忘れないうちにやっておこう。
この庭の放射線量測定だ。この庭は石塀で完全に囲まれていて、あちこちに苔なども生えている。目の前は檜や杉の暗い林で、ここもまた放射性物質が溜まっていそう。
表の道沿いは大方雨で流れていった感じがするが、それでも我が家は屋内でも0.15μSv/hくらいはある。
引っ越して来たときに付近の林の中を測ったら、おおむね0.2Sv/h程度だった。高いところで0.3μSv/hくらい。
この庭はかなり高そうな気がする。
測ってみると、案の定、周囲の土地よりも確実に高めだった。

縁側でさえこんなにある


庭の中でも、苔むしているあたりは高そう……


一瞬だが、最高で0.383μSv/hまでいった。0.3μSv/hは確実にある

この数値をどう考えるかは、人によって大きく違ってくるだろう。
僕はあまり気にしないことにしている。除染しようなどとも思わない。土に染み込んで固定されている分には恐れるほどの量ではないと思うことにしている。そう思わないと、関東では生きていけない。
嫌なのは、砂塵などで舞い上がること。だから、線量が高いこの庭より、表の未舗装の道のほうが怖いと思う。
車が通るたびに土煙がもうもうと巻き上がる。それを吸い込まないようにするのはほとんど無理だから、微量のセシウムは絶えず吸い込んでいると思う。
食べ物に含まれているよりも、そうして呼吸で吸い込むほうが怖い。微量であっても……。
だから、なんとか玄関前の道を舗装したいのだが、接している地主が半分ずつ持っている私道なので無理なのだ。

それにしても、国と電力会社はとんでもないことをしてくれたものだと、改めて思う。

さて、気持ちを切り替えて、楽しい池の完成式。水を入れるぞ〜。

真ん中にカエルが休憩する島を造る


いよいよ水を入れて完成


いい感じじゃないの?


みなさんには退屈な写真だと思いますが……角度を変えて見て、またにんまり


あとはカエルが来るのを待つばかり

命名:オオカミ池。

前方後円墳みたいだなあ、と思いながら掘っているときに思いついた。古墳=天皇の御陵。でも、天皇池じゃいくらなんでもだし。天王池でもなんだかなあ、だし。天照大神から「大神」を連想。山の神……絶滅したニホンオオカミにも思いをはせて。
なんかダイナミックなイメージだし、ラフに作った感じから、大雑把ながら、大志を抱きつつ……みたいな感じも込めて。
セシウムの汚染も受け入れて、自然の偉大さに敬意を払いつつ、この地で生活していく上で、蛙やアメンボと一緒に生きていくのだという祈りを込めて……な〜〜んちゃって。


↑本日のお勧め
★コピーライターの夫と離婚した女性の手記風物語。俳句なども散りばめられた文芸色豊かな作品



このページの写真はフジフィルムのXF1で撮っています

更新が分かるように、最新更新情報を年度別indexに極力置くようにしました⇒index

たくき よしみつ 新譜・新刊情報

新・マリアの父親

福島原発が爆発する20年以上前に発表された予言的な小説。
第四回「小説すばる新人賞」受賞作。改訂新版としてデジタル書籍で復活。

横書きKindleバージョン(Kindle端末、iPhone、iPod touch、iPadなどのKindleソフトで読む場合に推奨)⇒こちら

◆縦書きバージョン(iPad、iPhone、iPod touchなどのiBooksで縦書きで読む、あるいはPCで縦書きPDFで読む場合)⇒こちら



◆楽天kobo で購入の場合は⇒こちら

◆その他、アマゾン Kindleストアでのたくき作品購入は⇒こちら



一つ前の日記へ一つ前へ    abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ.

たくき作品 アマゾンKindleで一挙20冊以上出版

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索