2013/07/27-29

天王寺周辺の狛犬(2) 安居神社

堀越神社の後、さらに四天王寺方向に歩いて左手に下りていったところにある安居神社に向かったが、3か所ある入り口全部施錠されてしまっていた↑。午後4時で閉めてしまうらしい。あ~あ。
そこで、29日の午前中にもう一度訪ねてみた。

最初に台座に目がいってしまう。宝暦12(1762)年。250年前ですね


ほおお、これはいわゆる浪花狛犬とはちょっと違うタイプ


石が固いようで、ほとんど壊れていない


小寺慶昭氏は、著書『大阪狛犬の謎』の中で、このタイプを「杭全(くまた)型」と名づけている


阿像は身体に割れ目ができてしまっている



杭全神社はJR大和路線平野駅そばにあり、そこにある延享5(1748)年建立の狛犬が胴長短足のこのタイプの元祖だという。1748年は大阪では5番目に古い狛犬ということらしい。
顔も典型的な浪花狛犬型とは少し違っている。というか、浪花狛犬の顔があの団子っ鼻にドングリまなこに固まる前の、まだデザインとして流動性があった時代のものということができるだろうか。概して横長。目もまん丸ではない。
この杭全神社の狛犬は「石工 市町 福島屋重兵衛安好」と刻まれている。市町はこの神社のすぐそばの地名。
地元の石屋による作品ということになる。
安居神社の狛犬も、この「杭全型」に属する、と、小寺氏は分類している。



吽像の顔。人面っぽいところは浪花狛犬の源流といえるが、目の形が木の葉型なのは後に固まってくる浪花狛犬の顔とは違う印象


巻き毛の先に直毛が伸びている鬣。これは越前禿型からの流れでもあろうか


宝暦12年の年号がしっかり読み取れる


阿像。口は裂けている印象ではなく「開いている」という程度


吽像の後頭部から背中はかなり剥離してしまっている


吽像の尾。なかなか凝ったデザイン

出直してきた甲斐があった。
境内には明治39年のキツネがある稲荷社がある。また、西側参道入り口の鳥居(大正元年)は、なかなかアートしている鳥居で面白い。

境内にある稲荷社のキツネ。明治39年


大正元年建立の鳥居


歩道橋の上から見た阿倍野ハルカス。さて、次へ……



♪♪
↑今日の一曲
『悠久~大地の時間』(Instrumental)
(クリックした先で試聴できます)



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にフジフィルムXF1、X-S1 でも撮っています


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報

一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME      | 次の日記へ次の日記へ





たくき よしみつ 新譜・新刊情報

数字と確率で実感する「フクシマ」

今、私たちがこうして普通に暮らしていられるのは、奇跡のような幸運が重なった結果……。
あのときもし夜だったら? 風が海側から吹いていたら? 地震があと1年早かったら……?
さまざまなIFがすべて幸運なほうに転んでくれたから、汚染がこの程度で済んでいるという事実
日本を「リスタート」させるために絶対に知っておかなければならないことをコンパクトにまとめた1冊

■アマゾンKindle版(Kindle端末またはスマホやiPadのKindleソフトで読む場合)

■Puboo版(ブラウザで読む or ePubをダウンロードしてiBooksで読む場合)

■楽天kobo版

◆その他、アマゾン Kindleストアでのたくき作品購入は⇒こちら


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索