のぼみ~日記

2013/09/06

東照宮へ狛犬を撮りに行く(3) 陽明門前、石塀の「飛び越えの獅子」



御水舎を過ぎて登っていくと、正面に陽明門が見えてくるが、現在、本格的な補修工事中で幕が掛かっている。
でも、その手前に、本日のお目当てその1、「飛び越えの獅子」があるので、ここでたっぷり時間をかけて撮影。


これ


吽像(振り向いて左側)はよく見えるのだが……


阿像は石柵と石柵に囲まれた端に位置しているので、とても見づらい


こうして気づく人は偉い


石柵の間から手を突っ込んで、なんとか顔を撮ろうとするが、こんな感じ


これが精一杯


この獅子、完全に石柵と一体で彫られていて、後からくっつけたものではない


で、脚は浮かせていたりする。芸が細かい


こんな顔。阿像は舌を出しているのね。可愛いじゃないか


吽像も脚を浮かせている。柵と一緒に彫り上げて、それを台石に上から差し込んだのかな


多くの人は目もくれずに通り過ぎていく


ひたすらローアングルから……


逆光で厳しい


阿像はぐるっと回り込んで本地堂のほうから望遠で撮った


苔むしているなあ


人面に見える


家光による大改造のときだから寛永13年(1673)建立。石塀が国の重要文化財指定なので、この獅子像も自動的に重文ということになる。
狛犬研究家・山田敏春さんによれば、冬木太良右衛門(地元の石屋)の請負で、一匹につき金百両と御造営帳に記載があるそうだ。
家光はこの獅子を見て「まるで獅子が塀を跳び越えておるようじゃ。よくできておる」と誉めたので、太良右衛門が「恐悦至極に存じます」と答えたとか。で「恐悦跳び越えの獅子」などと呼ばれるようになったらしい。
石工は備前西大寺の築太夫とも言われているが、不明。
岡山県西大寺市に築田屋(後に次田屋)という棟梁格の石工がいて、備前産の花崗岩を馬車に積んで、日光に運びながら石を粗彫りした、との伝承もあるそうだが、この石塀や獅子は花崗岩ではないとの見立てもあり、結局は分からない。
(これも山田敏春さんの説明

ちなみに、江戸時代、一般庶民も陽明門までは入ることができたそうだから、陽明門を一目見ようと参拝に訪れた人たちは、この獅子も見ることができたわけだが、参道を進むと目の前にあまりにも豪華絢爛な陽明門がそびえていて、そっちに早々と目を奪われただろうから、この獅子は記憶に残らなかったのではないだろうか。
しかし、一般庶民と石工とでは意識が違う。この獅子に影響を受けた石工はいたようで、岩木山神社(青森県弘前市)や今宮神社(栃木県鹿沼市)にはこれと同じように逆立ちしている獅子をくっつけた石塀がある。小松寅吉が彫った羽黒神社山道口(福島県白河市)の石柵にも裏には逆立ちの獅子がいる。それらは確実にこの獅子像を真似たのだろう。
で、この獅子が1636年に造られたとすれば、大改造が終わってから奉納されたと伝えられる奥の院の獅子より少し古いことになる。
でも、柵と一体化して彫られているために「狛犬」という認識ではなく、石柵の飾りのひとつとしてしか見られなかった。そのため「関東以北最古の石造り狛犬」の栄誉も得られなかった。陽明門の前、石柵の裏側で逆立ちしているために人々の注目をあびず、石塀にくっついて彫られているために「狛犬」とも認められなかった。それでも400年近く脚を浮かせ、逆立ちし続けている……なんともけなげな獅子たちである。




↑今日のアルバム
Second Amour ~たくき よしみつ Songbook2 女性vocal作品集
歌:清水翠、Dana、西村千亜紀、他
(クリックした先で試聴できます)



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムXF1、X-S1 でも撮っています


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報

一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME      | 次の日記へ次の日記へ






たくき よしみつ 新譜・新刊情報

数字と確率で実感する「フクシマ」

今、私たちがこうして普通に暮らしていられるのは、奇跡のような幸運が重なった結果……。
あのときもし夜だったら? 風が海側から吹いていたら? 地震があと1年早かったら……?
さまざまなIFがすべて幸運なほうに転んでくれたから、汚染がこの程度で済んでいるという事実
日本を「リスタート」させるために絶対に知っておかなければならないことをコンパクトにまとめた1冊

■アマゾンKindle版(Kindle端末またはスマホやiPadのKindleソフトで読む場合)

■Puboo版(ブラウザで読む or ePubをダウンロードしてiBooksで読む場合)

■楽天kobo版

◆その他、アマゾン Kindleストアでのたくき作品購入は⇒こちら


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索