2014/02/13

正夢は海を越えて



Two Note Waltz
Words: Midori Chino
Music: Yoshimitsu Takuki

Vocal: Kira Michelle Lesser
Pf: Jesse Thomas Morgan
Bass: Erik Santos

Paul Schubach: Music Arrangement
Toko Shiiki: Cinematograph/Edit



先日、Shiiki監督から妙なリクエストがあった。
ミシガン大学のRACEという人類学?を研究しているチームプロジェクトの中で、ある動画を世界のいろんな人に見てもらってその反応を知るという調査をしているのだけれど、たくきさんも協力してもらえないか……と。
動画のカメラをセットして録画ボタンを押してから、指定の動画を見て、その様子をまるまる撮って送ってもらえないかと。

なんだそれ? 自分の顔を自分で撮るなんて嫌だよ。なんかわけ分からないプロジェクトの材料になるのも気持ちが悪いし……と返事したら、「じゃあ、とにかくその動画を見て感想だけでも教えてもらえると嬉しいそうで……」とか言うので、まあ、感想を言うくらいならね……と返事して、でも、協力してあげないのも冷たいかな……とか悩んでいるうちに雪がどさっと降って、朝、早起きしてそのまま雪かきしたら重症のぎっくり腰になってしまって、歩けなくなってしまった。
最初の日(9日、日曜日)は立つことも歩くこともできず、階段は這ってようやく登り下り。移動は助手さんの背中にもたれてふらふらしながら。

で、仕方ないからなんとか椅子に座って、4月刊行予定の現代新書の原稿仕上げにかかっていた。
そんなわけで、Shiiki監督からの奇妙な依頼は半ば忘れていたのだけれど、昨日、「見てくれました?」と催促されたので、原稿も書き直して送ったし、遅ればせながら見てみるか……と、伝えられていたURLをクリックしたら、流れてきたのが↑これだった。

最初はなんのことだか分からなかった。
人種別に反応の違いがどうのこうのという「実験」だというから、ヘビとかお化けとかラブシーンとかいろんなものが細切れに出てきて、どの映像に対してどんな反応を示すのか見るという実験なのかな……というような想像をしていたからだ。
あれ? これErikきょーじゅじゃないか。きょーじゅが協力出演しているのか?

次に、あれ? これ完全にURLが間違っているじゃん。何か、製作中の動画のURLをミスって伝えてきたのか、と思った。
で、……ん?? これ、Two Note Waltz だよねえ……。
あ~、録音したのか。それを撮ったやつか……とようやく分かったのだが、この時点でもまだ「間違って送られたURL」だと思っていた。

見終わった直後も、まだ理解できていなかった。

時間が経って、ようやくこれは僕への「サプライズ」だと理解できた。
僕はShiiki監督に、「自分は作曲家のつもりなので、自分が書いたメロディを他の人がアレンジし、他の人が演奏してくれることを望んでいる」と話したことがあった。彼女はそれを覚えていて、この「プロジェクト」を計画してくれたのだ。
だから、サプライズの形で届けたかったのだな、と、ちゃんと理解するまでに少し時間がかかった。

これは日本とアメリカの文化的な差異とでも言うか、サプライズにまったく慣れていない僕は、すぐにそこまで理解できなかったのだ。

思えば、昔こんなシーンを夢で見た記憶がある。
誰か知らない人が歌を歌っている。それを僕がぼ~っと見ているのだが、しばらくして自分が作った曲だと分かる……という夢。
それが正夢になったのだった。

時間と共にじわじわと来ている。

ありがとう、このプロジェクトに参加してくれたみなさん。

↑オマケ

一応、リクエストにこたえて見ている自分を「自分撮り」していたのだが、最後までポカンとしていたのだった。
ごめんね、きれいなリアクションできなくて。
リアクション芸人としては大失格だわ。

さて、そのShiiki監督が撮る映画は4月に本格クランクイン。予告編はこちら↓
4月26日には日光市のDaddy's Cafeで、この動画にもベースで出演しているエリック・サントス教授を迎えてコンサートやります。来られるかたはぜひ!↓


★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 


↑予告編



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら

4月から本格クランクイン。関連イベントとして、4月26日(土)には日光でコンサートをやります。
たくき よしみつpresents KAMUNA with Erik Santos at Nikko
Daddy's Cafe にて
4月26日(土) 18.30 open 19.00 start 予定
詳細は後日


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報

一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME      | 次の日記へ次の日記へ








オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索