2014/03/25

メガ盛り中華 龍京苑(日光市土沢)

2014/03/24

大沢に買い物に行ったついでに昼飯を……と思っていたのだが、カツ亭石川は満席で断られ、ラーメン屋は田島もくまごろう(ここはまだ入ったことがない)もくまごろうの向かいの焼き肉屋兼ラーメンのお店もみんな定休日。
イタリアンのトライフルはあふれかえっていて店の外に客がはみ出している。イルプラートも定休日。
アトリエキッチンも休み。ぐるぐると大沢周辺を回った挙げ句、さっきちらっと横目で通り過ぎた中華屋のような店を思い出す。目立たない店なのに妙に車がいっぱい停まっていた。
3周目で、しゃあない、ちょっと気分が違うけどもう2時が迫っていてこのままでは食いっぱぐれるからここでいいや、と入ったのが龍京苑という中華屋さん。
今まで何度も通り過ぎていた。こんなところにお店があったのね。
店はよく見ると壁が黄色とオレンジに塗られていて派手なのだが、看板がなんか地味で、誘われなかった。
高いんだか安いんだかもよく分からないし。

入ったときはもう1時半を回っていただろうか。ランチタイムの混雑が終わって、本来なら片付けに入る時間なのか、店内のいたるところに食べ終わった食器がそのまま残されていて、おっちゃんのお客さんが二人バラバラに、そろそろ引き上げようか……という感じだった。


こんな外観。しげしげと見れば派手なのだが、なぜか今まで存在に気づかなかった


ランチタイムが終わって静寂が戻った?店内。この広さ、客席数を夫婦だけで切り盛り?


「今週の」ランチと書いてあるが、どうも365日同じらしい……


ラーメン450円、炒飯500円。それがセットになっているFランチは750円。安い


壁を見ると他にもメニューが。麻婆豆腐ランチ600円というのもあった
助手さんはFランチを、あたしは妙に安いのが気になってヒレカツを注文



出ましたヒレカツ。4枚もついてる! しかも肉が軟らかい


こちらはFランチ。炒飯が独特な感じ

女将さんから「ごはんは多めにしますか? 普通でいいですか?」と訊かれた。このへんのお店の大盛りがとんでもない量だということは予想ができたので「普通でいいです」と答えたのだが、それでも丼飯の量(いつもの昼飯の倍以上か)で運ばれてきた。
「これで大丈夫ですか?」と念を押された。他のお客さん、どんだけ食うねん、と思った。

ヒレカツ定食が850円というのは、畔や石川やかつ泉より安い。全然期待していなかったのだが、肉はちゃんとした脂身のない柔らかいヒレ肉だし、なんせ4枚! この材料費だけでもかなりかかるはずだが、850円……相当無理している価格設定ではなかろうか。
キャベツをもっと細く刻んでほしいとか、細かいことを言えば言えるのだが、このボリュームと安さにはとにかく感服するしかない。混み合っている理由がよく分かった。


龍京苑
日光市土沢1851-123
0288-26-3843
営業時間:土・日・祝 ランチ 11:00~14:00
月~木 ランチ 11:00~15:00
月~木・土・日  ディナー 17:30~21:00
定休日:金曜日

それにしても、4月から消費税が3%引き上げられる。こういうぎりぎりで頑張っている店は痛いだろうなあ。ほんとにこのままでは日本はじり貧だ。

現代ビジネスの記事「世界一の投資家」に独占インタビュー ジム・ロジャーズ「日本経済に何が起きるのか、教えましょう」~ 日銀の政策は、株式トレーダーを喜ばせるだけ・消費税増税は最低最悪の愚策だ  がすごい数のページビューを記録している。

海外投資家がいま日本株を売っているのは、一時的に利益確定しているにすぎない。まだ株価の天井は先にあるのに、彼らが売ってくれているというのは、逆に「チャンス」ともいえるでしょう。
とはいえ、この株価上昇も「今後1~2年」の話です。そこから先は、アベノミクスが日本経済の根幹を蝕んでくるからです。

アベノミクスの第二の矢、財政出動もひどいものです。私から見れば、これは「日本を破壊します」という宣言にしか聞こえません。
なぜかといえば、日本はすでに先進国で最悪レベル、GDP(国内総生産)の240%という財政赤字を抱えています。その額は1000兆円を超す巨額赤字にもかかわらず、安倍首相がさらに借金を膨らませて無駄な橋や高速道路を作ろうとしているのは正気の沙汰とは思えません。
いま日本政府が取り組むべきは、チェーンソーを手に取って、無駄な財政支出をカットすることなのに、安倍首相はなにを考えているのか、完全に逆行しているわけです。

そこへきて、この4月からは消費税を5%から8%に増税するというのだから、クレイジーですよ。増税して得た予算は社会保障の充実に使われるとされていますが、本当は無駄な橋や道路を作ろうとしているのでしょう。
安倍首相が借金に目をつぶっているのは、最終的に借金を返さなければいけなくなる時には自分はもうこの世にはいないから、関係ないということでしょう。そのツケを払うのはいまの日本の若者です。
いま日本がやるべきは、減税と支出削減です。日本人は安倍首相から予算の権限を奪い取ったほうがいいかもしれません。きっと1億人の日本人のほうが、自分や自分の子、孫のことを考えてより賢明な決断ができると思います。

……この人「'87年の米国のブラックマンデーや、'90年代の日本のバブル崩壊を予見。現在も世界各国の情勢を分析し、株、債券、商品などに投資をして大儲けしている」とか紹介されているけれど、このクラスの人って、「予見」しているというよりは、自分たちでシナリオを書いてその通りに世界をコントロールしているんじゃないかと思ったりもする。
で、あまりにも低レベルな日本政府と、その政府を暴走させたままにしている、おとなしく、自立心のない日本国民に対して、憐憫と多少の驚き(日本人ってここまでアホだったの? という驚き)を持って、未来はこうなるんだよ、と言っているような気がする。
日本を利用し尽くしたい彼らにしても、日本人が「こんなに馬鹿では利用しづらい」し、予定より早く日本が壊れてしまうとおいしい汁も吸えなくなるという計算から?
そのへんがTPPに乗っかれとか、移民政策という、後半の「提言」に見え隠れしているんじゃないかな。
利用しやすい日本であってほしい。そのためにはそこそこは知恵を働かせて、国の寿命を保っていてほしい。今の日本はあまりにもアホすぎて、ちょっと見ていられない。
……そんなところだろうか。
この人とて、安倍首相同様に自分が死んだ後のことはどうでもいいや、と思っているかもしれないけれど、子供や孫くらいの代あたりまでは日本からおいしい汁を吸わせてやりたいという思いから、馬鹿路線を修正して滅亡速度を緩めろと警告しているのかな。
まあ、そんな時代なのだね、今は。



買い物終了。これがこの冬最後の灯油購入かな


水仙が咲き始めた


雨樋の詰まりを点検していたら、屋根の瓦がひとつ、雪の重さに耐えかねてちぎれていたのを見つけ補修


これでもつかな


オオカミ池、今年最初の生き物の姿はアメンボだった


チビ池、再修理完了


夕方、アカガエルの卵を探しに人丸神社方面まで脚を伸ばしたが……


カエルも卵もまったく見つからなかった。今年は冬眠が長いのか?


江戸時代からこの土地を見守ってきているこの人に訊いても答えてはくれない


クリック
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 4月18日発売 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに

アマゾンで予約受付中 こちら       詳細案内はこちら


クリックでご案内ページへ
↑クリックで詳細案内ページへジャンプ

4月26日(土) Daddy's Cafeにて一夜限りのコンサート


18.30 Open  19.00 Start 2000円(1ドリンク付)
●お問い合わせ・予約は⇒Daddy's Cafe (日光市土沢346-19) tel:0288-32-2103
●出演
 KAMUNA(たくき よしみつ:Vo,G,EWI  吉原寛治:G,Vo)
 Erik Santos:B,Vo,G,Key  縄田治実:Ds
 Paul Schubach:Key  Toko Shiiki Santos:Vo
左の画像をクリックすると詳細ご案内ページへ


★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 


↑予告編(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報

一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME      | 次の日記へ次の日記へ








オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索