2014/03/29

「世界」は知っている。日本の自由が急激に侵されていることを

報道の自由が守られている順位。日本は59位で韓国より下
上の図は国境なき記者団(Reporters Sans Frontières [RSF])が先日発表した『世界報道自由ランキング』(Worldwide press freedom index) 最新版(2014年版)だ。
日本は2010年 17位、2011年 11位、2012年 22位、2013年 53位……と、3.11以降急激に順位を落とし、ついに今年は59位にまで落ちた。
評価は「重大なる問題(noticeable problems)がある国」だ。

これはアジアでは台湾や韓国より下。かつては人種差別国家の代名詞だった南アフリカ共和国や圧政で悲劇を生んだポーランドよりずっと下。
「東京電力福島第1原発事故の影響を取材しようとするとさまざまな圧力を受ける」とされて昨年大きく順位を落としたことに加え、特定秘密保護法の成立でさらに順位が落ちた。

日本が今、「世界」からは「報道の自由、表現の自由に重大な問題を抱えた国」と見られていることに対して、日本人は相変わらず何も気づいていないように思われる。

日本の報道の自由についてのコメントは以下の通り。
記者クラブの弊害とフリージャーナリストの排斥、東電の相変わらずの隠蔽体質、安部政権が強行した特定秘密保護法案などに言及している。
Censorship of Fukushima

Arrests, home searches, interrogation by the domestic intelligence agency and threats of judicial proceedings – who would have thought that covering the aftermath of the 2011 Fukushima nuclear disaster would have involved so many risks for Japan’s freelance journalists? The discrimination against freelance and foreign reporters resulting from Japan’s unique system of Kisha clubs, whose members are the only journalists to be granted government accreditation, has increased since Fukushima.
Often barred from press conferences given by the government and TEPCO (the Fukushima nuclear plant’s owner), denied access to the information available to the mainstream media (which censor themselves), freelancers have their hands tied in their fight to cover Japan’s nuclear industrial complex, known as the “nuclear village.” Now that Prime Minister Shinzo Abe’s government has tightened the legislation on “state secrets,” their fight will get even more dangerous.

なんだか放射能汚染マップを思い起こさせる。セシウム濃度は放っておいても下がるが、独裁度数は上がっている。気がつけば赤く染まった国の仲間に?

『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 4月18日発売 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに

アマゾンで予約受付中 こちら       詳細案内はこちら


クリックでご案内ページへ
↑クリックで詳細案内ページへジャンプ

4月26日(土) Daddy's Cafeにて一夜限りのコンサート


18.30 Open  19.00 Start 2000円(1ドリンク付)
●お問い合わせ・予約は⇒Daddy's Cafe (日光市土沢346-19) tel:0288-32-2103
●出演
 KAMUNA(たくき よしみつ:Vo,G,EWI  吉原寛治:G,Vo)
 Erik Santos:B,Vo,G,Key  縄田治実:Ds
 Paul Schubach:Key  Toko Shiiki Santos:Vo
左の画像をクリックすると詳細ご案内ページへ


★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 


↑予告編(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報

一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME      | 次の日記へ次の日記へ








オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索