2014/06/10

またヤマカガシ



それにしても涼風号MarkIIは遅すぎる。14日の予定というのだが、注文したのは5月30日なのだ。
その翌日に確認メールというのが来たのだが、そこに「【お届け予定日】  06月14日(土) の到着予定とさせていただいております」とあってのけぞった。なんで2週間以上もかかるのか。
在庫してあると表示してあったから頼んだのに。
あまりの遅さに、今日はアマゾンからも「【重要】お客様のご注文について」というメールが届いていた。
「現時点では、上記ご注文の発送について、出品者からAmazon.co.jp への連絡がないため、お客様に商品の配送に関する情報をお届けすることができません。なお、上記ご注文の代金は、商品が発送されるまでお客様に請求されませんので、ご安心ください。」……とあった。
アマゾンのシステムでは、10日以上経ったので普通なら評価をお願いしますというメールが来るのだが、発送していないのでアマゾンのシステムも困っている感じ。

普通ならキャンセルして他の店に頼むところだが、ここまで待ったのでもう少しの辛抱だわ。待つ時間が長いほど、初代涼風号との別れも惜しめるしね。

雨続きの合間の晴れ間。本来なら涼風号MarkIIで散歩に出るところだが、しょうがない、X90で、明神方面にふらっと出てみた。夕方から雨の予報だから、まあ、いいでしょ。軟弱だけど。

例幣使街道、今市に入る手前西側には農村やら山やらが広がっていて、道も狭い。行き止まりの道もあって、畑の間の細い道をバックしたりもした。農家の人たちの不審な視線が痛いわ……。

完全に開発失敗して荒れ放題の別荘地とか、リゾート型ホテルのなれの果てみたいな一角があって、そこでは雨続きのため、下水から水があふれて池のようになっている場所もあった。
山道の間からは、廃屋になった別荘もいくつか見える。
人が住まない家というのは山の中にあるとたちまち朽ちていくのだなあ。
タヌパック阿武隈の行く末を見ているようで辛い。

戻ってくると、オオカミ池にまたヤマカガシがいた。


こいつのせいで最近カエルの姿が減ったのかな。なんか腹が膨らんでいる感じだし……

ヘビ博士に見てもらったら「食ってるね。胃の部分が膨らんでるし、陸上の動きがちょっとぎごちない」
……だそうで……くっそ~ まあ、ヘビも生きていかなきゃいかんし、しょうがないのだけどね。
オオカミ池のツッチーは無事だったが、方舟のツッチーの姿が見えない。無事だといいのだが……。
ツッチー、頭いいから、ちゃんと隠れたのかな。
多分食われたのはトウキョウダルマガエルだろうな。1匹だけじゃないかもしれない。まいったな。

オタマをまた観察。アカガエルのオタマはほとんど変化がない。ちょっと太ったかな


ヒキガエルのオタマは後ろ脚が出て、すこし縮んだ感じ


右にちょっと見えているのがヒキガエル。アカガエルのオタマとはこれだけ大きさが違う


ヤマカガシがどこかに消えたと思ったら、こんどはちっちゃい無地っぽいやつが池の中に。もう、ヘビヘビランドじゃん。これはジムグリかヒバカリか……それともアオダイショウの幼蛇とかか……。

予報では木曜日くらいまで雨が降ったりやんだりらしい。
その後、晴れたら涼風号Mk2で出かけたいものだが、とにかく届かないことにはどうしようもないわね。
しこしこと、つまらない仕事をしていよう。

そうそう、このページが今年100ページ目の日記。5か月10日で100ページ。今年も200ページ超えかな。



『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報

一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME      | 次の日記へ次の日記へ












★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 


↑予告編(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索