2014/07/01

オオシオカラトンボの交尾と産卵


なんだか最近、かわず庵の庭にアマガエルのミニがいっぱいいる。オオカミ池で育ったのではないような気がする。近くの田んぼで生まれたやつが移動してきたんじゃないだろうか。
こんなに小さいのに、結構、移動するんだな。

こんなのが何匹もいる


オオシオカラトンボとアマガエルのミニ


小さくてもちゃんとアマガエル。目の後ろの筋もくっきり


姫睡蓮につぼみがついた。もうすぐ咲くな


チョウチョはなかなか同定の気力がわかない


うげ! ヒバカリか? ヒバカリとヤマカガシはカエル大好きヘビだという


小さいのだけれど、しっかりオタマやカエルを食う……はず

捕まえて、また遠くに連れて行こうとしたのだが、逃げられた。

で、しばらくじっと池を見ていたら、毎日来ているオオシオカラトンボ♂が、突然バタバタと飛び立った。
ん? と思って目で追うと、あれ? ♀と組んずほぐれつランデブー飛行している。
毎日池のほとりにいたのは、♀を待っていたのか。ここでセックスしようよ~……って。
そっかそっか。で、ようやく♀が現れたので、ジャジャ~ンと発進したわけね。


ランデブー飛行の後、毎日待ち続けた場所に戻ってきて……しっぽり……


その後、産卵飛行へGO


あ~、いっぱい産みつけているなあ


卵を産む♀のそばを、♂はずっとホバリングして見守っている。邪魔が入ったら追っ払うぜ、ってことかな


小休止……

産卵が一通り終わり、並んで休憩するオオシオカラトンボのカップル


トンボの夫婦の営みを最初から最後まで見させていただきました。なんか感慨深い


産みつけられた卵は、多分、メダカやオタマに食われるのだろう。
で、生き残った卵からヤゴが孵り、そのヤゴが成長すると、今度はオタマを食べる。
生き抜いたオタマがカエルになれば、トンボは食えないだろうが、他の昆虫を食う。で、それをヒバカリやヤマカガシが食う。
ヤマカガシが最強かといえば、そうでもなくて、カラスなんかに食われるやつもいるだろう。
こうやって生態系は維持されているのだなあ。
人間だけが食われない。でも、人間は人間に利用され、殺されることもある。
……う~ん……。

肉体を超えたい、って、子供の頃からずっと思っているのだが、超えられないまま死ぬのだな。
死ぬときは、カエルやヘビと同じだ。





『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ




     
ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 


↑予告編(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索