2014/07/11の2

三光神社

そのままもう少し脚を伸ばして、近所の三光神社の狛犬に会いに。
先日の体験から、今まで訪ねている神社にも、もしかしたら社殿の奥に秘蔵?されている小さな狛犬があるのではないかと、ここも改めて社殿をしっかり覗いてみた。その場を見られたら絶対に不審者だと思われるだろうなあ。

ここにはないみたいだ。
多分、以前にもこうして覗いているはず。でも、チェックしたかどうか忘れている。

鬣がかなり削り込まれていて、風になびいている?感じ。阿像に見えるが、実は吽像


こっちの阿像と比べて、初めて口元が開いていてもあっちは吽なのだと分かる


昭和5年建立の個性のある江戸獅子タイプ


尾は横ではなく背中側に流している


なかなかよく彫れている狛犬だ

栖克神社


そのまましろやまの中の林道を抜けて板橋方面に


板橋交差点そばの栖克神社も再チェック。鳥居は享保年間


文化15年は1818年


ここの狛犬も個性的な顔


なんか変なのは、歯が上だけあるからかな。下の歯は消滅したのか最初から彫らなかったのか……


吽像は唇の皺が面白い表現


大正12年(1923)。石工名も同じ福田常吉だった。自分で彫って自分で奉納している


文久2(1862)年の燈籠


境内の稲荷社。この狐は福田末吉さんの奉納。常吉さんの子息か?


いい顔


いまひとつ読み取れない



ここも、社殿内をチェックし忘れているのかもしれないと思ってぐるっと一回りして中を覗いてみたが、いなかった。
やっぱり、前に来たときにちゃんと覗いていると思う。そんな気がする。いてもよさそうな雰囲気なんだが。

ところで、今、フェイスブックの「狛犬さがし隊」では、岐阜県のはじめ狛犬の名品が報告ラッシュになっていて、毎日驚かされている。
よくまあ、こんなにたくさん集中しているものだと。
その中には前脚の根元に「走り毛」を刻んだものが多い。これは越前禿型に見られる特徴だ。
越前では寛文年間前後に、地元で採れる笏谷石という柔らかくて青みがかった石を使った神殿狛犬を量産していた。
それらは北前船に乗せられて全国に売られていったのだが、特徴はおかっぱ頭のように見える頭部と紐状の尾。そして走り毛。
この「走り毛」というのは岡崎の石工・綱川潔さんに教えてもらったのだが、どこまで一般化している言葉なのかはよく分からない。

人知を越えたスピードで山野を駆けるためのアイテム、ということで、小さな翼を脚の付け根にあしらっているようなのだが、「走り毛」「走毛」「小翼」など、呼称はいまひとつ定まっていない感じだ。
龍の身体などに描かれる火炎模様にも通じるのかもしれないが、脚の付け根に1つだけ、炎というよりは翼として描かれているので、飛ぶためというよりは高速で駆ける(勢い余って空も駆けるかもしれないが)アイテムと解釈したほうが自然だ。
多分、彫っている石工たちの解釈もそんな感じだったのではないだろうか。
狛犬を見るときには、この走り毛の有無も確かめると面白い。「左右で阿吽」「獅子・狛犬で別の生き物」「獅子は角なし、狛犬は角あり」「走り毛がある」「頭はおかっぱ」などなど、初期の狛犬には、石工にいくつかの情報が伝わって、石工はそれぞれに、乏しい情報に基づきながら自らの想像力を膨らませたり、近隣のすでに作られている狛犬をコピーしたりして彫ったはずなのだ。
どんな情報がいつ頃伝わっていたのか、どういう情報が続いてどういう情報は消えていったのか、などが少しずつ見えてくる。
例えば、平安・鎌倉時代の神殿狛犬には宝珠型はまずない。頭に宝珠をのせるというのは江戸時代に誰かが「発明」して、それを真似る石工が続いたことでひとつの型になった。
明治以降は消えていく。角も、江戸エリアではかなり早い時期から徐々に消えていく。
走り毛もそう。越前禿型にはあるので、いつ頃から消えていったのか、興味深い。

栖克神社のこの狛犬は、だいぶすり減ってはいるが、目を凝らすと、小さな走り毛が刻まれているように見える。

栖克神社の狛犬にもかすかに走り毛らしきものが……


これは青森県弘前市、弘前八幡の越前禿型(寛文7=1667年)に刻まれた「走り毛」。後ろ脚にもある





『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ




     
ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 


↑予告編(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索