2014/08/14

塩谷町とはどんなところか?(1)



さて、颱風が来たりしてずっと行けないままになっていた塩谷町にようやく行ってきた。
環境省が指定廃棄物を持ち込もうとしている場所は、自然が色濃く残る塩谷町の中でも、最も人が近づかないような、最奥の場所にある。
どんなところなのか? その周囲は? 町の雰囲気は?

Googleのサテライト地図で見ると、とにかく山ばかり。緑一色。うちから直線距離はそんなにないのだが、山道や細く曲がりくねった道が多そうなので、ちょこっとお散歩に行くという感じではない。
というわけで、13日はルートなどを確認して、14日に出かけた。

指定廃棄物処分場候補地までの道のりは、最短だと鬼怒川温泉側から東進するコースだが、いろいろ考えた末に、塩野室~佐貫経由で北上するコースを選んだ。行きに塩谷町中心部を通るほうが町の雰囲気が伝わると思ったからだ。

せっかくなので、飯は塩谷町で食べたい。コース沿いにある店では、「みつわ」というお店が高級すぎて一人では入りにくそうだが、そこを第一候補にしてみた。
ところがお休み。
そこで、第二候補にしていた「道の駅」へ戻る。
お盆の最中なのでさすがに混んでいる。広い駐車場がほぼ満杯。
ところが、あろうことかレストランがお休み。このかき入れ時に??
商売よりもお盆の家族行事優先ということなのか……。

別棟に軽食やかき氷などを出す店が並んでいるが、かき氷は行列ができている。もちろん、飯を食う前から並んでまでかき氷を食うつもりはさらさらないので、すぐにここは後にした。
皮肉なことに、道の駅を出てすぐ、旧道側に抜ける道沿いにある小さなお店でも同じように天然氷の幟が出ていて、そこは営業中なのにガラガラだった。商売というのは難しい。



お目当ての「みつわ」はお休みだった


道の駅は激混み


すぐそばを流れる川沿いにもこの看板が


かき氷を求めて並ぶ人たち


で、さっき「みつわ」から戻ってくるときに、すぐ隣にあった蕎麦屋?のような寂れた食堂だか居酒屋に入ってみた。
駐車場にクルマを止めて降りた瞬間、勝手口を通して「いらっしゃい!」という元気なおばちゃんの声がした。こうなると引き返せない。
古いお店で、客はひとりもいない。
しばらくするとおばちゃんが出てきて「何にする? 普通は蕎麦と天麩羅だね」と、勝手に決めちゃう。
「じゃあ、天盛りで」
「大にする?」
「大はどのくらい?」
「あの器が大」
と、片付けていないテーブルの上に二枚重ねになっている簀の子を指さす。
「あれが二枚?」
「ううん、一枚」
小さな簀の子だったので、「じゃあ、大で」と注文した。

かなり待ってから出てきたのは、さっきの小さな(普通の)簀の子にものすごく盛りあがって乗っかっている柔らかめの蕎麦とぺちゃっとした掻き揚げ・茄子の天麩羅。普通盛りでよかったな~。

「おいしいお水だから飲んで」
と出されたのは「お~いお茶」の2リットルペットボトルに入った水。
これが有名な尚仁沢の湧水なのか、それともここの井戸水なのか? 確認しそびれた。

「バイパスができてからお客はさっぱり」と愚痴るおばちゃん。
処分場問題のことを振ってみたが「町中大騒ぎだよ」としか乗ってこなかった。
道沿いには「断固反対」の赤い幟がずら~~っと並んでいる。

入ったのはこんなお店。激混みの道の駅とはうってかわって客はゼロ


蕎麦は量が多かったが、残念ながら腰がなくて僕の好みではなかった

熊ノ木の箒根神社


塩谷町公民館裏手の山にある伯耆根神社。入り口が分からないのでこれ以上の接近は断念


多分、狛犬はいないだろう


フェンス越しに流れる沢。とにかく町のあちこちにきれいな水が流れている。素晴らしい


幼くてわが仰ぎ見し高原の山容いまもおほどかにして 江連白潮(1907~1979)
その高原山が今は「おほどか」(大らかでおっとりしている)どころではない危機に……


町の至る所がこんな感じで赤い幟で埋め尽くされている


県道63号線を北上し、熊ノ木の箒根神社に寄る


あ、ここはいるね。ちっちゃいのが


明治期くらいだろうか


かなり苔むしていて、風化も進んでいる


江戸タイプになる前くらいの感じか


台座の銘が読めなかったが、「狛犬探検隊」を後で見たら「嘉永七寅年」だとか


よく見ると尾もチャーミングに彫れている


社殿前から


神社前の田園風景








『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
デジタル・ワビサビ



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ




     
ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 ついに完成! 日本公開は2015年の予定


↑予告編その2(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索