2014/09/17

CDという「もの」

『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』はすでに9月6日から販売が始まっていて、世界中でダウンロード購入できる。
販売はアマゾンやアップルのiTunesストア、SONYのmoraなどだ。
取次店にデータを送って登録費用をオンライン決済すれば、あとは販売業者(アマゾンなどの)への納入から著作権料の支払い(日本国内ならJASRAC)まで、全部お任せでやってくれる。とても楽だ。
今回は「形」を残してみたかったのでサンプルCDを焼いてみた。
昔だったらこんな形のものが店頭に並んだはずだが(今でも、そのようにして売っているが、タヌパックではやらない)、僕としてはもう、音楽CDアルバムというのは「売る」商品ではないなあと感じている。デジタルデータを再生しているのだから、ディスクに入っている必要がない。ハードディスクやメモリの中に形のないデータとして蓄積され、聴きたいときに再生されるだけの商品。
しかし、こういう風に、最低限度の「形」を与えてやることで、僕らアナログ世代は一つの達成感が得られる。
見開き紙ジャケットというのがなかなかいい。あのジュエルケースというのはいただけないね。すぐに角が割れるし。

最近は、何か一つ、創作物を形にするたびに、これが最後になるのかもしれないという気持ちを抱く。
『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』が岩波ジュニア新書から出たときは、これで遺言が書けた、と思った。
その後、何校もの中学校、高校入試の国語長文読解問題に採用されたことで、その思いはさらに強くなった。

今回の音楽アルバム『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』も、これが最後の音楽アルバムになるのかもしれないと思いながら録音した。
もちろん、まだまだ続編をやる気持ちはあるのだが、こういう時代だし、こういう年齢になったし、いつどうなるか分からない。
何歳まで生きられるかという生物的な寿命と、今よりいいものを作り出せる力を維持できるかというアーティスト生命は別物だし。
干支がもう一回りすれば、70代に入っている。誰がなんと言おうと、おっさんではなく、じじいだ。
同じことをやっても、「すごいね」「いいね」と単純に評価されるのではなく、「あのじいさん、結構やるじゃん」っていう評価になっているはずだ。

作曲能力と演奏能力のどちらが先に衰えるのか、というのも分からない。肉体の衰えが先だと思っているけれど、案外、作曲能力のほうが先にダメになっているのかもしれないし。(それがいちばん怖い)

考えてみると、30代後半から40代にかけての十数年間、僕はほとんど音楽を聴かなかった。オーディオにもまったく興味を失い、いい音で音楽を再生するという気持ちが持てなかった。
今でも、人の曲はあまり聴かないが(他人の音楽を聴く時間より、自分の音楽を聴いている時間のほうがはるかに長い)、30代、40代の頃に比べれば聴くようになった。ネット時代になったおかげかもしれない。
ましてや、人前で演奏する、歌うなんていう欲求はすっかり消え失せていた。
でも、還暦を迎えた今、残された生命時間を気にしながら、音楽に費やす時間が増えている。
聴力は落ちているが、いい音で音楽を再生したいという気持ちも甦ってきている。

そういう気分の中での作業だった。
もう、じじいなんだから、パッとできないのは仕方がない。時間がかかってもいい。じっくりやればいい。疲れたら寝よう。明日、続きをやればいい……という感じだった。
たらたらやっていて、ほんとにできるのかなあ、と思っていたが、気がつくと出来上がっていた。

これがじじいのやり方ってことだな。ていねいに、時間をかければそれなりのレベルにまでいける。

「EWIに対する愛」ってコメントをくれる人もいた
EWIが好きなんじゃなくて、自分がこの歳でソロ楽器を始められたことが嬉しい


紙ジャケットはジュエルケースより製造費がかかる。でも、絶対このほうがお洒落だし、ものとしてきれい


方舟に居着いているトウキョウダルマガエル。緑の線がくっきり


切り倒したつもりの草が……


しぶとく天に向かって伸びている。なんか息の根を止める気がしなくなった


こんな感じで折れた身体なのに、すごいな




『Digital Wabi-Sabi  ─As Easy As EWI』 『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』

Tanupackから久々の新譜! これはあなたが聴いたことのない種類の音楽かもしれない!
「メロディの価値」にとことんこだわり、手段としてはデジタルを使う。これが「デジタル・ワビサビ」だ
iTunesで!    アマゾンで!    moraで!





『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 ついに完成! 日本公開は2015年の予定


↑予告編その2(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ






ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!
     

.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索