2014/10/04

そば処 久美野(鹿沼市)


鹿沼の街の中のお蕎麦屋さん。
最初に入った3軒ががっかり(ほとんど論外というレベル)だったので、鹿沼の街の中にはうまい蕎麦屋はないのかと思い込んでいたのが、佐野屋でおっとどっこい、ちゃんとした蕎麦屋もあるじゃないのと分かり、その後は富士川もチェック。
次はこの久美野に行ってみようと決めていた。本日決行。
結論から言うと、いちばん満足度が高かった。ここはリピーターになるわ。絶対。

入ったのは土曜日の1時くらい。ランチタイムのお客さんが一通り帰った後という感じで、店内には一人だけだった


メニューを見てびっくり。もりそばが420円?? 大丈夫なのかそんなに安くて


かけそばのほうが50円高い。もりそばのほうが水で締める分、手間も大変だと思うのだが


ミニかき揚げ丼+もりそばのセットは700円! ほんとに大丈夫なのか?


あいもり(そばとうどん)、天ざるを頼んだ後、ミニ玉丼も追加した。待つこと20分くらい……


すべての注文品がいっぺんに出てきた。バラバラに出さないところがこだわりなのか?
これは合い盛りとミニ玉丼。合い盛りももりそばと同じ420円というのが驚く


こちら天ざる。850円。下にもぐっているが、そこそこ大きなエビ天も入っていてかなりのボリューム

見た目は大衆的というか、ちょっとぎゅうぎゅうに詰め込まれすぎていて、美しさはないのだが、食べてみてびっくり。
とにかくそばがうまい。腰が抜群にある。蕎麦粉は北海道産だそうだ。
普通は、食べ始めたときは腰があっても、食べているそばからどんどん伸びてきて、食べ終わる頃はふにゃにゃけてしまうものだが、ここのそばはかなり細いのに、最後まで腰があった。これはすごいことだと思う。腰のない蕎麦は蕎麦じゃないと思っている僕としては大満足。ちょっとびっくりした。
打ち方がうまいのか蕎麦粉がいいのか……いやはや感心してしまった。
うどんも腰があって美味。天麩羅も上手に揚がっているし、値段のわりにボリュームがある。
ミニ玉丼は普通だったが、ご飯の量が多くて驚いた。いつも食べているご飯茶碗2杯分はある。丼は上から見ると確かにミニなのだが、深さがあって、そこにぎゅうぎゅうにご飯が詰め込まれている。この半分の量で十分だ。
そして何よりも価格! 合い盛りが420円というのはほんとに驚く。立ち食いそばの料金じゃないか。
多分、20円は消費税5%のときのものなのだろうが、8%に値上げになった後も税込で420円。泣ける。

素晴らしい店ですね。また来よう。

で、「また来よう」と思ったのはもうひとつ理由があって、隣にある直売所が、これまたびっくりなのだ。
や、や、安い!
いきなり北海道産のトウモロコシが2本で78円。大根は30円。いつも利用している文挟のJA直売所よりさらに安い。
店員もみんな感じがよいし、この店を今まで知らなかったことを後悔した。今後は、鹿沼に買い物に来たときはここを利用しよう。この価格を知ったら、スーパーで野菜や果物は買えないわ。
で、その隣が久美野だから、今後は久美野で蕎麦食って、そのままこの直売所で買い物というパターンが増えそうだ。
この通りには丸亀製麺のうどんもあるしね。

久美野の隣にある直売所「やさい&くだもの村」


大根は30円


北海道産トウモロコシは2本で78円




『Digital Wabi-Sabi  ─As Easy As EWI』 『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』

Tanupackから久々の新譜! これはあなたが聴いたことのない種類の音楽かもしれない!
「メロディの価値」にとことんこだわり、手段としてはデジタルを使う。これが「デジタル・ワビサビ」だ
iTunesで!    アマゾンで!    moraで!





『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 ついに完成! 日本公開は2015年の予定


↑予告編その2(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ






ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!
     

.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索