2014/11/02

カフェ ねこごこち(日光市板橋)

助手さんからの情報で、「大福の福田征子さんの家のそばに自宅でやっているカフェがあるみたい」と聞いていた。
先日、ふぃふぁ山荘さんもリポートを載せていた

行ってみようかなと思ったが、今日はもう夕方になってしまったので、行くとしても場所だけ確かめるだけにしよう……と、寒風号ででかけた。
最短で行こうとすれば、大沢の買い物コース。板橋トンネルを抜けて、右に行けば消防署や大沢IC、左に行けばさがみややDaddy's Cafeというルートを途中まで行く。
涼風号MarkIIで大沢駅前方面に抜けるときは、蕎麦屋しろやまの横、田んぼを抜ける道を行き、住宅街を登って美容室サロン・ド・ミニヨンに抜けるルートを使うことが多いのだが、その上り口を登らずにもうちょっと奥に行ったところにあった。
これは分からないわ~。ここに来ようと思わない限り、ふらっと通りがかるような場所ではない。

夕方4時くらいで閉めてしまうのだとばかり思っていたら、看板には午後6時までとあって「Open」と出ている。
どうしようかな。まあ、今日は素直に引き返し、今度改めて出直そうか……とうだうだしていたら、玄関から出てきた店主と顔があってしまった。
「こんにちは」
「……こんにちは」(ちょっと不審な表情)
「まだやってますか?」
「はい」
「珈琲とか飲めますか?」
「はいどうぞどうぞ」
……となって、入ることに。


目立たない看板。目印はこれだけ


大沢駅前から続く住宅街の外れ


玄関を入ると店長の卓郎がお出迎え。動かないので、一瞬置物かと思った


玄関入って右手のリビングがカフェの営業スペース


立派な食器戸棚ですね、と言ったら、受刑者が作ったものだと説明された


珈琲だけじゃないよ、ケーキもあるよ、とアピールする店長


そうですか……じゃあ、利休栗と松の実のハチミツタルトというのをひとつ……


出てきました。サツマイモのような食感と味の栗。甘みはごくごく抑えてあってヘルシー


珈琲は500円


店長の名前「卓郎」は、U字工事の益子卓郎が名付け親だとか

今年6月にオープンしたばかりの自宅カフェ。お客さんはほとんどがランチ目的で、珈琲タイムの客は少ないとのこと。
ちょうどいい距離で、散歩コースに組み入れることもできるし、大沢方面に買い物に行くときにも寄りやすいので、次回は多分、ランチタイムにお邪魔することになりそう。

カフェ ねこごこち
日光市板橋209-32
11.30~18.00 木・金曜定休
オーガニック素材のランチが1000円
珈琲500円から、ケーキ類は400円
サイトは⇒こちら



のぼみ~日記は主にオリンパスのXZ-10とStylus1で撮っています
XZ-10はすでに生産終了。もうすぐ新品での購入が難しくなります



『Digital Wabi-Sabi  ─As Easy As EWI』 『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』

Tanupackから久々の新譜! これはあなたが聴いたことのない種類の音楽かもしれない!
「メロディの価値」にとことんこだわり、手段としてはデジタルを使う。これが「デジタル・ワビサビ」だ
iTunesで!    アマゾンで!    moraで!




更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ

『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 ついに完成! 日本公開は2015年の予定


↑監督挨拶&予告編その2(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)


●スタッフインタビューは⇒こちら
●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ






ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!
     

.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索