一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/06/19の5

小田原で(5)狛犬友達と楽しい宴会



というわけで、小田原スペシャル観光はここで終わり。
案内人曰く「いっぺんに全部見せちゃうと、たくきさんもう来てくれなくなっちゃうから、小出しにする」とのこと。
はいはい。ありがたいことです。
ということで、案内人のおうちにお邪魔して、ここからは川崎市と浦和からやってくる狛犬仲間を迎えての宴会。


クイズ、ここはどこでしょう? どこかの牧場?



ここから見る景色はこんな感じ。今日は曇っていてよく見えないけれど、海が一望できて……



その前を新幹線と在来線がときどき通る



おや、地平線の向こうに屋根がちらほらと見えているけれど……



実はこれ、お邪魔したE亭の屋根なのだ。屋根全体に草が生えていて寝転べる



屋根には見えないけれど屋根



ここで酒盛りやると気持ちよさそうだが、酔っ払って下に落ちると命の危険がある



……ので、宴会は屋根上ではなくこの横のリビングで……



宴会の準備、着々と進んでおります



酒もたんまりスタンバイしているようです



ご主人秘蔵のギブソン ヘリテージ Sweet16 というフルアコギターを見せてもらった



美しい虎目の逸品。この手の鉄弦ギターは弾けないのだが、触ってみたらそこそこ音が出せたので、後でごちそうのお礼に、このギターでちょこっと弾き語りをしたのだった



かっこいいドア。ご主人がデザインして建具屋さんに造らせたそう。家も全部ご主人の設計で、材料の調達まで関与したというから、工務店泣かせの客なのだなあ(^^;;



ご夫妻は食のプロだけに、手料理の数々はおいしいのはもちろん、素材もいいし、憎いアイデアが満載の「大人の食道楽」



これなんかいい例。大人の楽しみ



時間を追うに連れテーブルの上は賑やかになり……



ローストポーク。肉もソースもGOOD!



ご亭主推薦のワイン。メモ代わりにラベルを撮っておこう。「1000円以下でうまいワインを見つけたときが楽しい」という。分かる分かる



そんなこんなで、二日間酒を飲み続けて、楽しい旅だった。帰りは小田原から宇都宮まで鈍行で一本。ひたすら座っていて疲れる。
ん? そもそも何しに来たんだっけかな……。

実は、ここひと月くらい、何もやる気が起きず、苦しんでいたのだが、久しぶりにギターを手にして、酩酊状態で歌ってもちゃんと聴いてもらえて、喜んでももらえて、少し元気が出た。
Daddy's Cafeで「たくきよしみつナイト」みたいな定期ライブをやらないかという話が先日マスターとの間で持ち上がったのだが、なにしろ客が入りそうもないし、気力や体力もガクンと落ちているから……と、尻込みしているところ。
これをきっかけに、やってみるか……と思えるところまでエネルギー充填できるといいのだが。

ステファン・グラッペリの顔を思い出しながら、自分を追い込むか……。

おそらく、60代というのは、肉体と精神の再構築というか、脂ぎったエネルギーを失っても動き続けられるかどうかの分岐点なんだろう。
ステーキからお新香への転換みたいな?
その転換ができるかどうか、相当苦しい時間がしばらく続くような気がする。
大切なのは仲間かな。
ひとりでなんでもできるけれど、それだと続けていくだけの気力が持てない。仲間がいれば、少しずつでも動ける気がする。

今日のように、気の置けない人たちと楽しく酒を飲めるのは最高の贅沢であり、至福だなあ。
これも狛犬趣味のおかげ?






『日本狛犬図鑑03・04 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1280円(税別)  送料:100円
ご案内ページは⇒こちら 

『狛犬ガイドブックVol.1』
狛犬ファン待望の「ガイドブック」シリーズ第一弾「狛犬の楽しみ方」完成! ご案内は⇒こちらから
冊数


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索