一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/07/16

那須町狛犬めぐり(3) 黒田原神社の飛翔獅子


こんな神社だったっけ? と思いながら参道を進む
さて黒田原神社。辺鄙な場所だったような記憶があるのだが町の真ん中にある。記憶とはいい加減なものだ。
ここを最初に訪ねたのは1999年のことだ。
雑誌「るるぶ」で小さな写真を見つけて古殿八幡神社を訪ねたときのこと。つまり、利平・寅吉・和平の物語を発掘するきっかけの旅の皮切りで寄ったのだった。
まだ20世紀だったのだな、あのときは。

空飛ぶ狛犬はいたが、残念なことに阿像は台座(というよりは支柱?)が真ん中からポッキリ折れて低くなっていた。
それでも無事な姿と再会できたのは嬉しかった。

境内にはちょこちょこと案内看板が立てられていて、狛犬の解説もあった。御利益みたいなものも考案してあった。

おお! いたいた。3.11でも倒れなかったのか、倒れたが修復したのか……





ただ、右側のは低くなっていた……よく見ると支柱がポッキリ折れていて、折れたのをつなぎ合わせるのは難しいので、並べて建て直したのだった



折れたほうの下に何やら解説があるようだ



地元の消防団が奉納したので「火伏せの狛犬」ということになったようだ





石工の菊地平二氏は消防団の副部長も務めていた。高いところにのせたのは火の見櫓のイメージだったのかもしれない



大正13年の建立。和平が石都都古和気神社の親子獅子を彫る前だから、モデルになったのは寅吉の飛翔獅子だろう



尾や顔の彫りが寅吉一派に比べると木訥だが、とても真面目に、しかも意欲的に作られている逸品




支柱が折れて低くなったので、間近でよく見られるようになった



よく見ると吽像であるべきほうのも口をあけている



高いところから見下ろしていたのに、低くなって気分悪いだろうな、阿像は


とりあえず空飛ぶ狛犬が無事だったのが確認できてよかった。
石工・菊地平二氏は寅吉の弟子だったのだろうか。直接の弟子ではないとしても、どこかでつながりがあったのかもしれない。
那須は寅吉が巨大な准提観音を彫った雲照寺もあるし。寅吉の影響があちこちに及んでいたと考えるのは少しも不思議ではない。







『日本狛犬図鑑03・04 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1280円(税別)  送料:100円
ご案内ページは⇒こちら 

『狛犬ガイドブックVol.1』
狛犬ファン待望の「ガイドブック」シリーズ第一弾「狛犬の楽しみ方」完成! ご案内は⇒こちらから
冊数


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索