一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/08/26

Sony NEX-5Rとα6000



ペンタックスの1200万画素CMOS機K-rとSonyNEX-5R(1600万画素)で同じものを撮ると、NEX-5Rのほうがずっときれいに撮れることが分かってきた。
CMOSはどちらもSony製だが、Sony製CMOSは1600万画素モデルになったときから劇的に性能が向上したのだろう。
もちろんペンタックスがデジカメの作り方を分かっていないらしい、ということも推測できる。オートフォーカスの性能などもK-rはひどい。マニュアルフォーカスに切り替えないとちゃんとピントが合わないことが多々ある。
1600万画素は多すぎて、ファイルサイズがでかくなり、管理が面倒だったりもするのだが、Sonyが今の技術で画素数を落とした適正CMOSを作ってくれない以上、どうしようもない。
その1600万画素CMOSもすでにSonyのデジカメでは採用されておらず、APS-Cサイズモデルは2400万画素になってしまっている。2400万画素はあまりにも多すぎるが、これまたどうしようもない。

そのへんの解説は⇒ガバサク流のこのページで。

NEX-5Rの最大の欠点は、ファインダーがないこと。晴天時の野外の撮影では非常に使いづらいし、老眼の人間にはピントが合っているのかどうかの判断もつかない。
ファインダーのついたNEX-6にすればよかったのだが、今さら気づいても遅い。
そこで、思いきって2400万画素のα6000を試してみることにした。
今までのガバサク流なら、APS-Cサイズで2400万画素などというカメラは「バカじゃないのか」と唾棄したのだが、他に選べないとなれば仕方がない。
Sonyの1200万画素CMOSと1600万画素CMOSとでは、1600万画素のほうがいいということは分かった。
それは画素数を増やしたからではなく、技術が一気に上がったからだ。
では、Sonyの1600万画素CMOSと現行の2400万画素CMOSではどちらがきれいに撮れるのか……。
2400万画素に増やしてしまったデメリットよりも技術の進歩での性能向上が大きいのか?

結論から先に言えば、写り具合は「同じ程度」だった。
同じ程度であれば、2400万画素に増えた分、トリミングで拡大倍率が有利になるか……といえば、そうでもなかった。原寸で切り取るとやはり粗い画像にしかならなかった。
であれば、1600万画素モデルのほうがファイルの管理がしやすい分、メリットがある。
というわけで、今の時点ではNEX-6がいちばんのお勧めなのだが、α6000も悪くはない。

α6000にはモードダイヤルがついているので操作しやすい。また、フラッシュも内蔵されている



NEX-5Rにはモードダイヤルがなく、いちいちモニターに呼び出して切り替える必要があるのが面倒。フラッシュは外付けで、これも面倒



α6000にSony製50mm/F1.8をつけたところ



α6000の背面



NEX-5Rの背面。操作系ボタンが少ないので、瞬時の設定切り替えが難しい



最初の1ショット。標準ズームレンズで撮影



ぶら下げたところ



最初の撮り比べのために曇り空のかわず庵庭へ
α6000 18mm F4 1/60秒 ISO-1000



NEX-5R 16mm F4 1/60秒 ISO-500



α6000



NEX-5R



NEX-5R



α6000



NEX-5R



α6000



α6000



NEX-5R



NEX-5R



NEX-5R



……草むらや森林を写したとき、緑の濃淡や階調の深みなどでカメラの性格が分かる。画素数を欲張ってしまうとどうしても色味の違いが出し切れず、なんとなく薄くてのっぺりした緑になる。初期のCMOSでは特にそれが顕著だった。
今のところ、α6000の2400万画素CMOSはそれほどひどくはないが、状況によってはNEX-5Rの1600万画素CMOSのほうが階調が深く、緑の濃淡が複雑に表現できている気がする。
少なくとも、明らかにα6000のほうが優れているという印象はない。
Sonyは1600万画素のまま、あるいは1200万画素に落として、技術向上で新型CMOSの性能を上げるべきだっただろう。そうすれば明らかに新型CMOSの性能が際立ったと思う。










『日本狛犬図鑑02 牛嶋神社・三囲神社』

江戸獅子の名品から宝珠型の歴史を伝える貴重な狛犬、謎の「談志狛犬」などなど収録写真90点以上。
狛犬図鑑02
B6判・48ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  830円(税別) 送料:100円
ご案内ページは⇒こちら 

『日本狛犬図鑑03・04 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1280円(税別)  送料:100円
ご案内ページは⇒こちら 


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索