一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/09/21

修理の日々



あ~あ、またこんなんなってるよ


横浜の親父の部屋を片づけるために車で何往復もしていたが、次々にやってくる颱風やら低気圧やらで連日雨。
テールランプを修理してくれたガソリンスタンドの青年の話は書いたが、他にもフロントバンパー下のゴムガードが外れるわ(これは先日の湿地にはまったときの修理が完全でなかったためで、ビス留めしてあった箇所が外れた)、ワイパーは前も後ろもギコギコすごい音がしてきれいに拭き取れないわ、ガラスルーフの電動シェードがまた壊れて外れ、後ろの1枚はルーフ裏に入ったまま出てこなくなって開いたままになるわ……愛車プジョーはおフランス製の弱点丸出し連発であった。
走りの基本部分がなんでもないのが救いか……さすが37万5000円の値段がつくだけのことはある。
こういうのはもちろん自分でちょこちょこ直すしかない。

バンパー下のゴムガードは両面テープとさらなるビス留めで対応



これでとりあえずは大丈夫でしょ



ワイパーは、前の307とはまったく違っていて、ブレードが一体型のタイプ。フニャフニャしたワイパーなので、怪しい中国製かと思ったら、プジョーマークがついている。ということは純正部品。まさか新車時から一度も交換していないとか??



多分、純正のワイパーはBOSCH製なのだが、ブレードのゴムがちぎれないまま経年劣化でワイパー全体の剛性が落ちてきている感じ。もちろんゴム部分も硬化していてガラスへの追随性が悪くなっているというのもあるだろう。これは悩んだ末に、アマゾンでBOSCHEのワイパーを発注



リアワイパーもギコギコがひどい。これはBOSCHEのマークがあるが、多分、これも純正部品なのだろう。リアワイパーは駄目元で、安い(数百円)の中国製をアマゾンで発注。中国から船便?で送られてくるのか、到着まで1週間以上かかるようだが、まあ、リアワイパーはギコギコしていてもそのくらい待っていられるから、安いやつを試してみることにした

2016/09/22


フロントワイパーは注文した翌日に届いた。さっそく交換。問題なくスムーズに拭けるようになった。めでたしめでたし。

2016/09/27


こちらはX-90の雨漏り。大雨の後は運転席側の床がプール状態になり、小さなバケツで水をくみ出すほど。しかし、どこから水が入ってきているのか、こうして内張を剥がして確認しても分からない。
不思議なのは、運転席側だけ、ということ。床以外は塗れていないので、屋根からではない。ドアの隙間あたり? しかし、ドアにも水が回った跡はない。ドアの下あたりが怪しいが、どうしても突きとめられず、断念。


2016/09/29


電動ルーフシェードはついに3枚バラバラになってしまった。なんとか2枚目だけは引っぱり出してきて、1枚目とつないだが、その後、またちぎれたので、諦めてガッチリ針金で固定してしまった。これで1枚目と2枚目は固定されてしまい、ルーフを全開にすることはできなくなったが、別にいいだろう。
問題は3枚目のシェードが格納されたまま出てこないということ。しばらくは屋根の後ろ部分がガラスのまま。真夏を過ぎているのでなんとかなるか……。
親父の介護問題が一段落するまではこれで応急処置。針金の汚いつなぎ跡は、あとで内張を被せて隠しておこう。



久々にレオとお散歩。田んぼはすっかり秋の色。トンボもいっぱい飛んでいる



ようやく一瞬雲がどいてくれて、夜、星が少しだけ見えた。星を見るのは久々の気がする。ず~~~~っと雨だったからねえ

2016/10/01


10月になった。助手さんは実家の母親の介護に行っていてまだ戻らない。今度は台所の水栓からぽたぽたと水漏れ。この中のバルブに組み込まれているゴムリングが緩んでいるのだと思うが、どう頑張ってもバルブを取り出せず、まいった……



そうこうしているうちに、シンク下の元栓からも水が漏れていることが発覚。シンク下の物入れがびしょびしょになっていた



僕が知っているパッキンとは形状が違うなあ……



とりあえず同じものを買いにコメリへ向かう


2016/10/03


ようやくリアワイパーも届いた。これはBOSCH製ではなく、ノーブランドの中国製。はたしてうまくいくのか……



これもフロントと同じで、BOSCHのワイパーブレードは丈夫ゆえに、ちぎれる前にゴムが硬化して斜めになったまま固まってしまっている(右側のやつ)。
交換後はスムーズに動くようになった。とりあえず中国製でもOKか? あとは耐久性だけどね。安いし、後ろだから、ダメになったらまた買えばいいだけだ




『阿武隈梁山泊外伝:全村避難の村に起きたこと』(Kindle版)発売!











よいお買い物

無駄な金を使わない!  テレビ、洗浄便座、電動アシスト自転車などなど、「幸福になれる合理的な買い物」のヒント集。失敗しないための最低限の知識





更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索