一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2018


2018/04/03

オムツ買い出しデイ


満開の桜の横に立つ、候補者名の記されていないポスター看板

月初め恒例のオムツ買い出しへ。
あちこちで桜が満開。それよりも目に入るのが、あちこちに立っている意味不明のスローガンを記した幟や捨て看板。
まだ告示もされていない日光市長選挙の事前運動だ。
告示前だから、候補者名は書けない。政党名のポスターなら「選挙ではない」と言い逃れできるのでOKなのだが、立候補予定者は全員が一応無所属。
先週の日曜は我が家の周りでも宣伝カーが走り回っていたが、平気で候補者名を連呼していた。宣伝カーには候補者名は書かれておらず(告示前だから、書くと選挙違反)、無所属なので政党の宣伝カーも使えないから、聞いたことのないような団体名の宣伝カーということになっている。その宣伝カーが「∇∇(団体名?)は○○さん(市長選立候補予定者)の政策を応援しています」といったフレーズを大音量で繰り返しながら走り回る。事実上、候補者名連呼だから、明らかに選挙違反なのだが、有力候補二人がこれをやっていた。

後から分かったが、あちこちに林立する幟旗は自民党が推薦する候補者の、その合間をぬうように散見されるスローガンだけの捨て看板の一部は、前回の市長選で票が割れてしまい次点落選した候補の「応援」をするものだった。
候補者自身が立てたとすると違反行為に引っかかるおそれがあるので、あくまでも別の団体がやっているという体裁にしてあるのだろう。
スローガンには、誰のことか分かるように「○○地区の」とか「行政経験」といったキーワードが含まれている。
告示とともに、隣に候補者の顔と名前が出た選挙ポスターが並ぶはずだ。
これだけでもずいぶん金がかかっているだろうなあ。

あくまでも候補者名は書いてないが、地元の人には誰のことかすぐに分かる仕組み



バイパス沿いに新しいドラッグストアがオープンしたので、覗いてみた。川内村時代、小野町に同じチェーンがあって、カードまで作ったのだが、日光に越してきてからはそのカードはどこかへいってしまった

いつも買っている店と比べると、ものによって高かったり安かったり。となると、ポイントカードとか使っているいつもの店のほうがいいかな……と。オムツの価格で悩む日が来るとは、人生いろいろあるわね


魚べいでラーメン初体験


魚べいのラーメン。麺もスープもおいしい。320円

前回、ランチを予定していた今市の元気寿司がつぶれていて、やむなく近所のラーメン店であまり感動のないラーメンを食べたのだが、今回は元気寿司と同じ経営の魚べいに入った。
鹿沼の魚べいは何度も行っているのだけど、今市のは初めて。注文システムが鹿沼のよりもさらに進化していて、汁物もレーンでぴゅ~っと運ばれてきた。結果、会計も自動計算。
寿司のネタ種類が少なくて、代わりにサイドメニューが豊富。頼みたい寿司ネタが切れたので、寿司チェーンで初めてラーメンを注文してみた。
これが想像以上にうまかった。こないだ、元気寿司がつぶれていて、急遽入ったラーメン専門店(チェーン店)よりうまかったような……。少なくとも、高速道路サービスエリアのラーメンよりうまい。
カレイの揚げ物もサクサクでおいしい。

5個で220円のカレイのフライ。これは満足度高い
この2品で582円(税込)という値段は高いのか安いのか。ラーメンはミニサイズだけど、寿司と一緒に楽しむにはいいサイズ。
二人で10皿&ラーメン&揚げ物&青さ汁で合計1770円。一人900円弱か。平日の2時近かったけれどほぼ満席。人気があるのはよく分かる。

……とフェイスブックで呟いたら、「はま寿司のラーメンもうまい」というコメントが複数寄せられた。
はま寿司は元気寿司と同じ経営だと思っていたのだが、それは僕の勘違いで、調べたら別系統だった。

備忘録としてここにメモしておくと……、

寿司チェーン店の系列

はま寿司……株式会社はま寿司(親会社はゼンショーホールディングス) 店舗数486
 ゼンショーは他に、「すき家」「なか卯」、「ビッグボーイ」「ヴィクトリアステーション」和食レストラン「華屋与兵衛」「和食よへい」、ラーメン店「伝丸」「壱鵠堂」、うどん店「久兵衛屋」、焼肉チェーン「宝島」、焼肉としゃぶしゃぶの店「牛庵」「焼肉倶楽部いちばん」「熟成焼肉いちばん」、喫茶チェーン「モリバコーヒー」「カフェミラノ」などは100%出資。
「ジョリーパスタ」「ジョリーオックス」「フラカッソ」が65%出資。「ココス」とメキシカンレストラン「エルトリート」が51%出資

元気寿司・魚べい・千両……元気寿司株式会社(本部は宇都宮市) 親会社は神明(神戸市の精米卸売り会社) 店舗数は魚べいが114、
神明はスシローとも資本業務提携。目下、元気寿司から魚べいへの業態転換が進行中らしい

スシロー ……株式会社あきんどスシロー(本社は大阪府吹田市) 神明、元気寿司と資本業務提携 店舗数484 

無添くら寿司 ……株式会社くらコーポレーション(本社は大阪府堺市) 店舗数407 

かっぱ寿司 ……株式会社カッパ・クリエイト 親会社は株式会社コロワイド(どちらも本社は横浜市) 店舗数346
一時期、元気寿司との統合が噂されたが白紙に戻して、居酒屋チェーン系のコロワイド傘下に

※店舗数は2018年1月時点

はま寿司の親会社ゼンショーホールディングスというのはすごいな。丼物から焼肉、ハンバーグ、和食系、うどん、ラーメン、カフェ、イタリアン……と、なんでもやっているのか。
この業界も生き残り競争がすさまじい。安くてうまいものが食える一方で、合理化の結果、どこで何を食べても平凡な味、無感動な食後感がついてまわるような気がする。食べているときも、自然と、材料の仕入れ先や原価計算が頭に浮かんでしまい、素直に食事の味が楽しめなくなっている。
衣料チェーンと同じ構図だなあ。しまむらが業績不振だというけれど、当然だと思う。以前は「掘り出し物」があったが、今はユニクロもどきになり、自社ブランドの製品ばかり。材料費や人件費を極端に削っているのが製品に現れてしまい、これでこの値段は高いと感じてしまうのだ。
(ちなみに僕はユニクロ製品は高すぎるというコスト感覚なので、ほとんどの人からは同意が得られないとは思うが……)

ともあれ、回転寿司チェーンは新たな時代に入った。もはや寿司を回すなんて無駄なことはしない。オンラインで省力化を図り、寿司以外のメニューに本気で取り組む。その結果、ラーメンチェーン店よりもうまいラーメンが出てきたりする。
次に魚べいに入ったときにもラーメンを頼むような気がする。ましてやはま寿司は、寿司を食いに行くことはなく、最初からラーメンを食う気で行くかもしれない。

のぼみ~&レオ

ベイシアで買い物をして、ホームにオムツを届けるともう夕方。レオの世話。
のぼみ~が外に出ていたが、レオは目が悪いせいもあって無視。のぼみ~もだいぶ犬慣れした。

のぼるくんは、以前、ライチェルに猫パンチしていたことがあったが、レオが弱っていることが分かっているのか、殺気立つことはなかった

おい、ひとんちに来て、挨拶はないのかよ?

ぷい……さ、帰ろ……




医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う

ウクレレ教室へ   YouTubeのタヌパックチャンネルへ

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Twitter     


一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索