一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2018


2018/04/03

親父の花見、僕の花見



デイホームにオムツを届けに行ったら、親父が「昨日はみんなで花見に行ったんだ。面白かった」と、少し興奮気味に言っていた。
スタッフのシバニャンに訊くと、小代のエドヒガンを見にいったという。
この施設のすごいところは、こういうイベントは「全員で行く」というところ。去年は霧降高原方面に紅葉狩りに行ったり、宇都宮のレストランに食事ツアーに行ったりしたそうだが、動けないおばあさんなども一緒に行く。女性スタッフだけだから、移動だけでも大変だと思うが、とにかく「冥土の土産」といって、全員で行く、というのが原則なのだ。
親父が横浜の特養にいたときには到底望めなかったこと。スタッフの皆さんには本当に感謝しかない。

小代のエドヒガンは我が家からは3.3kmの場所。そうか、今が満開なのか……今年はまだちゃんと桜を見ていないなあと思って、家に戻って、レオの散歩をした後、助手さんに「桜見にいく?」と言ったら「私は逗子で見てきたからいい」という。
あっそ。じゃあ、一人で涼風号MarkIIで……。

うちのすぐそば、目の前にある桜は、去年あたりからなんだか色が薄いというか、くすんで見える↑。

次は、このへんではいちばん見事な桜。これも去年は色が悪かった。今年もいまひとつ。数年前にはもっとパッと明るかったけどなあ。↓

去年ほどではないにしても、色がいまひとつ?




昨日、親父も見たという小代のエドヒガン。満開



下小代駅旧駅舎の雨樋を掃除している人



これはそばの小さなソメイヨシノ





大谷石の土蔵と旧駅舎の間から覗くエドヒガン



告示まであと4日



駅の反対側の土手から



落合中学校の校庭の桜



家まで戻ってきたら日没。日が延びた



ついでにかわず庵の庭をチェック。池にはまだアメンボしかいない



夜、月と金星?かな。そんなこんなで終わった火曜日






医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う

ウクレレ教室へ   YouTubeのタヌパックチャンネルへ

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Twitter     


一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索