一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2018


2018/04/22

親父に会うためだけに片道3時間


5人の女性は、親父に会って「安心した」と、そのまま横浜に戻っていった


今日は横浜から女性5人が親父に会うためにホームにやってきた。
上は70代だけど、女子大生も2人。70代くらいから始まったらしい親父のモテ期はまだ続いていたようだ。
親父は「予定」というものを伝えると、その日から毎日「あれはいつだっけ?」と、何度も何度もカレンダーを見てはスタッフに確認し、数日前からは夜も寝られなくなるらしい。だから、病院に行くのもその日までは告げない。いきなり行って「今から病院に行くよ」と連れ出す。
今回も同じで、事前に告げると興奮して日常生活が大幅におかしくなるので、サプライズ訪問になった。

部屋が狭いので、5人が訪問しているときは同席しなかった。
その後、ホームを出た5人のところに行き挨拶して、駅で見送った。
ホームに行って、施設長に「お騒がせしました」と礼を言い、最近の親父の様子について報告を受けた。
親父は5人が訪問中は集中していたのだろう、興奮気味だったようだが、5人が去ってまだ1時間も経っていないのに、記憶がすでに薄れてきていた。
「どうだった?」と訊いても、一瞬キョトンとしていて、「ああ、そうそう……」と、まるで何日か前のことを思い出すように何拍か置いて話し出す感じ。時間感覚がどんどんおかしくなっているようだ。

スタッフは毎日24時間見ているので、そんな親父の言動をちゃんと分かっているし、どう対応すればいいかも心得ている。感謝。

人と人の関わり方は不変なわけではない。脳が処理できる範囲が狭くなっていけば、最後は肉親も判別できなくなったりする。
いろんなことを考えさせられる時間だった。

備えあれば憂いなし


Amazonから、SATAの2.5型HDDやSSDをUSB3.0に変換してくれて同時に収納もしてくれるケースが届いた



これはSSDに換装する前に使っていたHDD。これを外部ドライブとして認識させ……



現在のCドライブをそっくりクローンとしてコピー。このまま保管しておけば、Cドライブがいつ壊れても、このHDDに付け替えるだけで同じ環境で作業が続けられる。ケースは1000円しない。HDDは数千円。メインマシンが動かなくなったときの悲惨さは何度も経験している。こうしたバックアップ手段は複数用意しておかないといけない




これは999円



これは799円



2.5型HDD 新品で2480円。Cドライブのバックアップ用なら160GBでも十分 ⇒こちら




医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う

ウクレレ教室へ   YouTubeのタヌパックチャンネルへ

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Twitter     


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索