一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/06/03

山家(やまが)再訪


今日もいい天気で、またまた遠足したくなった。
こないだ、時間が遅くて見られなかったイタリア大使館別荘公園がいいかな。中宮寺の立木観音とスカイラインも合わせて。
で、小来川でモリアオが産卵し始めていることは分かっているので、ランチは瀧茶屋でとって、女将にモリアオ情報を聞いて……というプランで出発。
ところが、事前に瀧茶屋の女将に電話を入れたら、4月に右手を大怪我して目下お店は閉めているのだという。出血多量で命の危険があったほどだそうで、今は蕎麦も打てないし運転もできないから、7月くらいまでは無理だと。
十分休養してもらわないと。

ということで、瀧茶屋の向かいの山家に行ってみた。
途中、まだ入っていない(正確には、一度入ってみたがあまりに混んでいてそのまま出てきた)山帰来を横目で見ると、休みではないはずなのに車が一台も停まっていない。なんだろう?
山家まで来たが、ここもまたお客はゼロ。
当番のおばちゃんが二人、厨房でお喋りしながら洗い物をしていた。何度声をかけても気がつかないほどで、それくらい暇な空気に包まれている。

天気のよい金曜日の昼過ぎなのに、行楽客はいないのかなあ。



蕎麦を待つ間、向かいの瀧茶屋を覗いてみる



女将の右手は無事復活するのだろうか。心配だ



山家に戻るとすでに蕎麦が出てきていた



蕎麦ゼリーは100円。頼まない手はない



そば湯のゼリーに黒蜜


天もりともり蕎麦大盛りと厚焼き玉子(100円)と蕎麦ゼリー。ちょうど2000円だった。
ここのメニューはシンプルで、もりそばは600円。天もりは950円。天麩羅単品350円。大盛り250円増し。蕎麦ゼリー、卵焼きは100円。
すべて税込。


すぐそばの大滝。昨年の大雨でガラッと地形が変わったみたいだ。滝がほとんど消えている



その先で道をゆっくりゆっくり横断するキジに遭遇。これは渡りきったあと



メスですね。のんびりしすぎじゃないの?



馬石、鞍石あたり。これは大雨でもさすがに流れるということはなかったね



滝ヶ原を超えて、清滝へ降りる道からの眺望。この先に「やしおの湯」というのがあるのだが、そこは駐車場がいっぱいですごい人気。地元の人にとっては、蕎麦よりお風呂なのかな?



こんな光景もこのへんではあたりまえ


……というわけで、滝ヶ原を抜けたけれど、モリアオの卵は見つからず。6月後半くらいにまたひとりで来てみるかな。じっくりと周辺を探りながら。去年もやったんだけれど空振りだったなあ……。

さて、いろは坂を登って中善寺湖畔へ。







 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->

狛犬図鑑01 日光のはじめ狛犬たち
あなたの知らない日光がここにある! 山奥にひっそりいる幻のはじめ狛犬なども網羅。ご案内は⇒こちらから

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索