一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/06/05

アントニン・レーモンドと東京大空襲の焼夷弾


旧イタリア大使館別荘 2016.06/03撮影

ところで、先日訪ねたイタリア大使館別荘を設計したのはチェコ(当時はオーストリア=ハンガリー帝国)生まれで、後にアメリカ市民権を取ったアントニン・レーモンド(1888-1976)で、彼にはさらに興味深い逸話があるのでここにまとめておこう。

レーモンドはフランク・ロイド・ライトの弟子で、1919年、帝国ホテル設計施工の助手としてライトと共に来日してから日本との関係ができる。
1922年に独立し、レーモンド事務所を開設。以後、日本に数多くの建築を残している。我が母校・上智大学の旧6号館、7号館も作品リストに入っていてちょっと驚いた。

レーモンドの生涯で最も興味深いのは、第2次大戦中アメリカに戻っていたとき、ユタ州の砂漠に東京下町の木造家屋の続く街並みを再現し、焼夷弾による東京大空襲の実験に協力したという件だ。
2005年のしんぶん赤旗にまとめた記事が載っている。

この話は知っていたのだが、その設計者とこのイタリア大使館別荘の設計者が同一人物だということは知らなかった、というか、見過ごしていた。

赤旗の記事は「東京大空襲・戦災資料センター」(早乙女勝元館長)に提供された英文資料が元になっている。
この資料は米国・アイオワ大学の日本研究者、デービッド・タッカー氏が米国国立公文書館などにあった資料を複写して、2003年に同センターに提供し、同センター顧問で建築家の三沢浩氏が翻訳、研究にあたった。
その三沢氏は、奇しくも戦後、レーモンド事務所に入所したレーモンドの弟子。

これについてさらに突っ込んだ考察をしている設計士・佐々木繁氏のブログも実に興味深い。

内容をまとめてみると……、


前述のブログの主である設計士・佐々木繁氏は、
アントニン・レーモンドは、完成した自身の作品の図面と写真をたまに発表するだけで、解説文や講演などを通じて自身の建築思考を語るようなこともほとんどなかった。日本人との接触は、限られた必要最小限の範囲だけにしていた、といった印象。
日本社会に深く関わる者も多かった明治時代の『お雇い外国人』とは随分違っている。
一夜にして10万人余が殺された東京大空襲のことは、ずっとレーモンドの胸にあったのだと、私は思う。

……と結んでいる。

東京大空襲を指揮したカーチス・ルメイのことなども前に読んで知っていたが、今回、ひょんなことから思い出すことになった。

歴史的建造物というのは、まさに歴史を振り返るためのものなのだなあと実感できた。








 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->


あのとき、さまざまな偶然が重ならなかったら今頃日本は本当に「終わっていた」ということを、的確に分かりやすく解説。 ご案内ページは⇒こちら
A5判・40ページ オンデマンド 中綴じ版 580円/平綴じ版 690円(税別、送料別)
製本の仕方を選んでご注文↓(内容は同じです。中綴じ版はホチキス留め製本です)
製本形態

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索