一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/06/12の3

キリフリ谷の藝術祭(3) ステンドグラス 岡崎ひろみ


ラムチャップ日光は少し引っ込んだところにあり、見つけるのにちょっと苦労した

ワンプレイトの次は霧降滝の分岐を左に進んでペンションビレッジの中へ。ペンションラムチャップ日光のマダム岡崎ひろみさんの工房を訪ねる。
工房は駐車場の奥にあって、ペンションとは渡り廊下でつながっている。
玄関で「こんちわ~」と声をかけると、二階のほうから「はい~。どうぞ~」と返事があった。
工房とペンションのあちこちにある自作のステンドグラス作品を矢印に沿って見て回る、という趣向。
ダンジョン宝探しみたいな感じでなかなか面白かった。

工房の玄関の下が最初の作品『univers モザイク』



お風呂場の前、洗面台の上が作品②『ドルフィンwave』



階段を登ると右手にペンションへの渡り廊下があり、そちらへ向かう



矢印の通りに進んで作品を見つけて行くという趣向



作品⑤『白日夢』



図書室の中にある⑥『Tiva v タイタン』



⑧の『abstract1』がなかなか見つからなかったのだが、まさかここでは……とトイレを開けたら……あった!



階段下の⑩『くり坊主』と⑪『abstract2』



誰もいないペンション内を勝手に探索してから工房へ戻る。この間、ひろみさんはワークショップ受講の生徒さんひとりを教えている



なんか陽気な大阪のおばちゃん風の人だなあ……と思ったら……



まさにそうでした(^^;;



絶滅危惧種シリーズだそうだ。シマフクロウと手前は奄美大島と沖縄島にしかいないイシカワガエル。ほぼ原寸だという。シマフクロウは大きいものは体長70cm。イシカワガエルは10cm前後だから、確かにそうだな



これはブッポウソウかなあ?



蜘蛛の巣クロックは販売している。6000円だったかな



動物ものに特化していけばいいのでは……なんて勝手に思った



ペンションの玄関周り↑↓も拝見して次へ……



自分土産としてこれを購入。ただ、これは彼女の作品ではなく、仲間の作家さんの作品だそうだ。2000円

気さくな大阪のおばちゃんが作るステンドグラス作品群をダンジョンツアー気分で見て回る。楽しかった。
作品は通販しているほか、ステンドグラス教室もやっている。詳しくはWEBサイト参照の上、メールか電話で問い合わせを。

日光クリック  ステンドグラス作家 岡崎ひろみ
日光市所野1541-12 tel:0288-53-4359







 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->

『狛犬ガイドブックVol.1』
狛犬ファン待望の「ガイドブック」シリーズ第一弾「狛犬の楽しみ方」完成! ご案内は⇒こちらから
冊数

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索