一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/06/12の7

キリフリ谷の藝術祭(7) ハーブ茶屋 そっと・ぼーちぇ(Sotto Voce)


レストランチェーン店やコンビニのすぐそばにこんな民家カフェがある


このへんで、お昼をちゃんと食べていないのに歩き回って疲れたので、休憩。
芸術祭の協賛店のひとつ、ハーブ茶屋Sotto Voceに立ち寄った。
名前は知っていたのだが、入るのは初めて。
魚民とラーメン屋に挟まれ、通りの向かいはコンビニのサンクス。サンクスはなんの化粧もしておらず、普通の外装。こういうところが今ひとつなんだよね。京都のように表通りに面した店舗の外装はノイジーカラー禁止にするとかすれば、門前日光の雰囲気もかなりよくなるのに。

で、周囲のそんな雰囲気に逆らうかのように、そっと・ぼーちぇはそっと、静かに存在しているのだった。
天気のいい日曜日の午後だが、お客さんは誰もいなかった。女性マスターがひとりで出迎えてくれる。
民家の一階を店舗に改装した感じのお店。中に入ると空気が一変し、とても気持ちがいい。
基本的には、70種のドライハーブやスパイスを10g単位ではかり売りするハーブ専門店だが、食事やカフェ休憩もできる。

魚民とラーメン梵天に挟まれた民家が隠れ家カフェ&ハーブショップ



他に誰もいなかったので、裏庭を見渡せる奥の席を独占。贅沢な休憩タイムを堪能できた



店の奥から通りのほうを臨む



壁には様々なハーブが並んでいて、10g単位の価格が表示されている



トイレをお借りした。トイレもきれいで気持ちがよかった~



ケーキとハーブティー(お任せブレンド)と珈琲を注文した



ケーキ二きれとアイスクリームが添えてあって250円。飲み物とセットだと150円。お安いし、とても美味だった



お任せブレンドのハーブティー350円。ポットに入って量もたっぷり。大満足



珈琲もこんな和風の器に入ってきた



おにぎりも1つ頼んでしまった。180円。でも会計は二人分合計で1000円ちょうどだった。30円オマケしてくれたみたい



おいしいケーキと暖かおにぎり。オリジナルブレンドのハーブティーと珈琲を二人で楽しんで1000円ぽっきりだなんて、素晴らしすぎる。
門前日光ぶらり歩きのときはぜひ寄りたいね。
基本的に営業は土日のみで、ときどき不定休もある。今日はとてもラッキーだった。


日光クリック  ハーブ茶屋 そっと・ぼーちぇ(Sotto Voce)
321-1405 日光市松原町262 tel:0288-54-1624
土日の日中(日没まで)のみ営業






 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->

狛犬図鑑01 日光のはじめ狛犬たち
あなたの知らない日光がここにある! 山奥にひっそりいる幻のはじめ狛犬なども網羅。ご案内は⇒こちらから

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索