一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/06/23

ゴロの命日



朝(といってもだいぶ遅い)パソコンの電源を入れると、自動起動でカレンダーソフトが立ちあがり、予定があったり何かの記念日だと教えてくれるようになっている。
今朝は「ゴロ命日」というメモが出た。
そうか……と思うが、あれから何年経ったのかとかまでは頭が回らない。

毎年ゴロの命日にメールをくださるかたがいる。ゴロとそっくりな真っ黒なウサギを飼っているということで、「阿武隈日記」が「のぼみ~日記」になった今も、この日記を読み続けてくださっているそうだ。
今年もメールが入っていた。
ゴロちゃんが月に帰還して早6年ですね。
「日記」の最後のページの「……ということは、まだアップしていないんだね」と在りし日の姿を見つけるとほっとします。

2011年の上智ライブにも来てくださっていて、
先生の生歌、また聴きたかった!
上智大学でのコンサートは今も忘れられない素敵な思い出です。
人間の歌声はやはりライブで聴くのが最高です。

……とも書いてあった。
このところずっと不調で、気持ちがダウンしたまま全然上向かなかったのだが、それを読んで、ああ、やっぱり最後の気力を振り絞って、Daddy's Cafeで定期ライブに挑戦しようかなあ、なんて思ったり……。

タヌに教えられていた百合丘時代、ゴロに支えられていた越後時代と阿武隈時代。そして、のぼみ~に支えられている現在・日光時代。

のぼみ~を看取るまでは生きていないといけないかな。ふうう。


「ヘ池」のシュレのオタマ、そろそろ変態の季節



無事に巣立って?いけよ



ブクブクを常設したプチ池の様子を見に行くと……



紫陽花の中に何かいる……



羽根がないようだけれど……



背中に筋



ササキリモドキというやつの仲間みたいだ



紫陽花にもいろんな種類があるんだねえ



オオカミ池の姫睡蓮は3年目。今年もちゃんと花を咲かせた



夕方、復活の沢の横があまりにも草がすごいことになっていて歩けないので、草刈りに。かなりの重労働で汗びっしょりになった



今日のオマケ。これ、安かった(確か700円台くらい)けれどうまいので、メモ



月、少し欠けた。色も赤味が取れた?


長いこと沈んでいたのだけれど、小田原での狛犬宴会?やゴロの命日にいただいたメールに背中を押され、踏ん切りがつかなかったDaddy's Cafeでのライブを決断。
7/23 Daddy's Cafeにてライブ
2016年7月23日(土)
at:Daddy's Cafe(日光市土沢346-19 JR日光線下野大沢駅歩10分 Pあり)
19.30開演 当日2000円、前売り・予約1500円 1ドリンク付
問い合わせ・予約:Daddy's Cafe(0288-32-2103)





 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索