一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/07/06

新しいキーボード


今まで置いてあったローランドのシンセサイザーFantom Xaに代えて、ヤマハのピアジェーロという電子ピアノを購入した。
Fantomはとても優れたシンセサイザーで、ありとあらゆることができたし、内蔵音源の質もよかったが、最近ではピアノもパッド系もエスニック系も全部ソフト音源を使っているので、Fantomを本来のシンセサイザーとして使う機会はゼロになってしまった。たま~にMIDIの入力機として使うだけだったら、これだけ高性能なものはいらない。
それよりも、電源を入れたら瞬時に音が出せるというほうが助かる。譜面を書くときのコードの確認とかで、いちいち卓とオーディオアンプの電源を入れ、Fantomにソフトウェアが読み込まれるのを待つというのが面倒くさい。
あとは、今後、ピアニストがうちに練習や音合わせに来るとき、66鍵のオルガン鍵盤シンセサイザーよりは76鍵の少し重めのスプリング鍵盤電子ピアノのほうがずっといいだろうというのも理由。

それにしても電子キーボードが安くなったのは驚く。ヤマハでハンマーアクション鍵盤(限りなく本物のハンマー鍵盤を弾いているのに近い感触の鍵盤)を装備した88鍵電子ピアノ(P-45B) が3万円台半ばで買えてしまう。

ヤマハの本格的なハンマーアクション鍵盤の88鍵モデルが3万円台!↑
それでもよかったのだが、さらに安いピアジェーロというモデル にした。これは76鍵で2万円台半ば。

P-45との違いは、鍵盤数が少なく、内蔵音源の質が落ち、鍵盤がハンマーアクションではないということ。
内蔵スピーカーから出てくる音もチープだ。
それでもこの「チープなモデル」 を選んだのは、

……といった理由。
実物が来てみていろいろ触ってみて、この判断は正解だったと思う。
音は確かにチープで、低音が響かないし、音質も密度が粗い。でも、レコーディングでこの内蔵音源を使うわけじゃないので関係ない。コードを確認したり、作曲の補助として使うには十分。少しリバーブを効かせればマシになるし、普段はエレピ音源で弾くことが多いかもしれない。エレピの音は昔懐かしいFM音源の音で、これはこれで楽しい。
鍵盤は一般的なオルガン鍵盤のキーボードよりは重いが、ハンマーアクションではないからタッチは安っぽい。でも、僕が弾くにはちょうどいいかもしれない。実際、最初はちょっと戸惑ったが、弾いているうちに慣れてきた。
とにかく2万円台半ばだから、文句なんか、なんも言えね~。
ちなみに今回2万円台半ばで買ったのはNP-31という旧モデルで、製造終了。その後のNP-32のほうは同時発音数が32から倍の64になっていて、MIDI端子がUSBになっている。それだと3万円台で、P-45と変わらなくなってしまうので、敢えて旧モデルのほうにした次第。

ただ、ピアノをしっかり練習したい人にはP-45を勧める。いろいろな部分がピアジェーロより高級で、数千円しか違わないのだから。満足度が全然違うと思う。

内蔵スピーカーの音をZOOM の H1でマイク録り



今まで使っていたローランドのシンセサイザーFantom Xa



極めて多機能でなんでもできるマシンだったが、ソフト音源時代になったこともあり、使い切れなかった



ピアジェーロに入れ替えた。横幅は伸びたが、電源ONですぐに音が出せるようになったのはありがたい



よいお買い物

テレビ、洗浄便座、電動アシスト自転車などなど、「幸福になれる買い物」のヒント集。失敗しないための最低限の知識






7/23 Daddy's Cafeにてライブ
2016年7月23日(土)
at:Daddy's Cafe(日光市土沢346-19 JR日光線下野大沢駅歩10分 Pあり)
19.30開演 当日2000円、前売り・予約1500円 1ドリンク付
問い合わせ・予約:Daddy's Cafe(0288-32-2103)




 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->

あなたの音感は何型か? ──絶対音感の誤解

たくき よしみつ・著
世にはびこる絶対音感の誤解を解き、今からでも遅くない自分の音楽世界を広げる方法を探る。
あなたの音感は何型か?
A5判・72ページ オンデマンド 780円(税別) 
ご案内ページは⇒こちら

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索