一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/07/15

アクリル絵の具は楽しい


まず、一気にイメージを……


ダイソーから絵の具の追加と筆とパレットを買ってきたので、いよいよお絵描き。
絵を描くぞ~、というのは何十年ぶりだろうか。高校2年生のとき以来のような気がする。
襖の印刷を塗りつぶしている段階ですでに感触はあったのだが、アクリル絵の具は楽しい。小学生のとき、最初からこういう画材を与えてもらっていたら、どれだけよかったことか。
水彩は難しいという印象だけが残ってしまっている。
かといって、油彩をやるのは面倒くさいし金も結構かかる。ちょっと暇を見つけて……というノリではない。
アクリル絵の具はその両方の欠点を消し、いいとこ取りしている。
水で伸ばせるが滲まない。後始末が楽。お金もかからない。
こんな楽しいものを還暦過ぎるまで体験しなかったとは、なんという損をしたのだろう。

しかし、気持ちが穏やかでないまま、わわわ~っとやっているのがよろしくないな。すぐに気力が失せるのが怖いからだ。気持ちが乗っているうちになんとか形に……というのがよろしくないのだな。
分かってはいるのだが、人間ができてないから……。

今思えば、ここでやめておけばよかったのかも……という気がしないでもない……?



目がちょっとしょぼしょぼしてしまった



ここで、あれ? これって閉めると右側だったんだ……と気づく……



というわけで、助手さんが戻ってこないうちに(今頃電車に乗って帰宅中)左側も既成事実を……



ちょっと急ぎすぎた……



汚くなってきた……ううう……



デジタルでシミュレーションその1 このへんに赤いお月様を……



デジタルでシミュレーションその2 着色はどうしようか……



そろそろ助手さんが駅に着くころなので、本日はこれまで。
こうして見てみると、左側は印刷の絵を塗りつぶさずに、そこに描き加えていくという手もあったかな。
今さらしょうがないから、このへんは背景に緑の草っぽいものを入れていくかな。ここまできたら、あとは色でなんとかするしかないわな。
心穏やかなときに少しずつ、じっくりじわじわと……死ぬまでに完成させればいいか……



しょ~もな~



7/23 Daddy's Cafeにてライブ
いよいよ今週です! ウッドベースとEWIのコラボなんかもあるよ 2016年7月23日(土)
at:Daddy's Cafe(日光市土沢346-19 JR日光線下野大沢駅歩10分 Pあり)
19.30開演 当日2000円、前売り・予約1500円 1ドリンク付
問い合わせ・予約:Daddy's Cafe(0288-32-2103)





 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->
新マリアの父親
「フクシマ」を予言した小説と言われる『マリアの父親』の改訂版が「紙の本」で甦る。試し読みは⇒こちらから
A5判・124ページ オンデマンド 980円(税別、送料別) 


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索