一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/08/05

宇都宮市岩本町高龗神社のはじめ狛犬


宇都宮まで遠征して天棚だけでは物足りないので、ぐーぐーさん情報をもとに、狛犬も二か所回ってから帰ることにした。
最初は岩本町の高龗(たかお)神社。ここは大きな墓地のふもとで、社殿は岩穴に半分埋もれている。
個性的な顔のはじめがいたが、台座には昭和3年とある。形としては明らかに江戸時代だし、相当風化も進んでいるので変だなあと思ったら、すぐそばに先代がいた。どうやら昭和3年にこの先代はじめちゃんたちのレプリカを作ったということらしい。

石段を登っていくと……



お、いた!



相当ひょうきんな顔



だいぶ顔が摩耗してしまっている



こちらは阿像。さらに摩耗が激しく苔もびっしりついて全身緑色

阿像のはずだが、口が開いている感じがしない



昭和3年? 造形からしてそんなに新しいはずはないが……



実は下に先代とおぼしきのがあった





なるほど。これが江戸時代からいる先代で、前脚が大きく破損したので、昭和3年に作り直したのだろう



先代に比べて、台座は不釣り合いなほど立派になっている



阿像の先代もいる



破損が激しくて、どんな感じで口を開いていたのか分からない。そもそも開いていたのか?



こちらは吽像の先代。歯並びがきれい





顔は分からないが、先代の身体には走り毛風の模様が複数彫られていて、耳が薄く寝ていたことが分かる





昭和3年の二代目はその特徴をちゃんと受け継いでいる



社額に明治2年とあるが、社殿が再建された年だろうか。先代のはじめ狛犬はもっと古いと思うが……



山の斜面にある岩の祠のようなものをそのまま社殿にしている



おそらくはじめ狛犬(先代のほう)は江戸時代に作られて、ずっとここにいたのだと思う



車に戻り、次へ向かう……


昭和3年というと、両親が生まれた年だ。で、たまたま今日8月5日はお袋(人形作家・鐸木能子)の命日なのだった。
お袋は80歳で亡くなったが、最後はボケが急速に進み、脳梗塞で倒れて数か月間、喋れない、半身完全麻痺で病院のベッドに縛り付けられたまま死んだ。あの数か月は本当に余計だった。安楽死が選べるなら確実にそうさせてやりたかったが、日本の法律ではできない。
ああいう死に方だけは絶対に嫌だと、つくづく思った。

その少し前、まだボケが急速に進む前に、電話で何度か「人生の最後ってこういう感じなのね」「私の人生はいい人生だったわね」というようなことを言っていた。
それに近い心境を今、僕自身が味わっているが、まだあの当時のお袋ほどには惚けていないと思うし、身体もだましだましならまだ使いものになる(と思う)。

さて、もう一社回ろう。








タヌパックブックス

木の鐸会 鐸木能子・鐸木郁子の創作雛人形

世界にわずかしか存在しない「木目込み衣装人形技法」による至高の雛人形。一般の雛人形とどこが違うのか、この写真集を見れば一目瞭然。
鐸木能子・鐸木郁子の創作雛人形
A4判・28ページ・中綴じ・フルカラーオンデマンド 880円(税別) 送料100円
ご案内ページは⇒こちら
 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 


狛犬図鑑01 日光のはじめ狛犬たち
あなたの知らない日光がここにある! 山奥にひっそりいる幻のはじめ狛犬なども網羅。ご案内は⇒こちらから
『狛犬ガイドブックVol.1』
狛犬ファン待望の「ガイドブック」シリーズ第一弾「狛犬の楽しみ方」 ご案内は⇒こちらから
冊数

-->

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索