一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2019

2019/01/20


全国都道府県対抗男子駅伝



先週の女子に続いて、今日は男子の都道府県対抗駅伝。中学生から社会人までの混成チームの面白さが人気。
吾輩は生まれたのは福島県だが、「故郷」という意識はほとんどない。
いちばん長く住んでいたのは神奈川県(川崎市)だが、川崎市民という意識もなかった。
今は「日光の人」という意識があるので、栃木県はやはり応援してしまう。
福島は故郷というよりは、利平・寅吉・和平が活躍した地という気持ちが強いので、石川町の高校・学法石川の選手がいろいろな駅伝で活躍しているのを見るのは嬉しい。
今年のエントリー表を見ると、福島県代表選手は学法石川だらけだ。アンカーに学法石川卒で、今年の箱根駅伝で区間記録も作った東洋大・相澤晃がいるのも頼もしい。
社会人選手ゼロだが、選手のタイムではいちばんいいみたいで期待できるかな?

栃木は肝心の高校生が弱いねえ。高校生が頑張らないと絶対に勝てないのがこの駅伝。
箱根駅伝で総合優勝のゴールテープを切った栃木の星・郡司くんもチームに入っていたが、補欠に回された。5000m、1万mの持ちタイムがいい青学の梶谷くんが日光市出身で、郡司くんと同じくらいちっちゃい(吾輩より背が低い)んで応援しているんだが、ちと勝負弱いんだなあ。
主将の宇賀地も空元気気味だしなあ……。

結果は、福島が初優勝。栃木はボロボロの25位。やっぱり高校生が頑張らないと勝てない都道府県駅伝ということを証明してしまった。

中学生の二人は区間1位と区間19位。でも、高校生と社会人、大学生が軒並み30位台で沈没。


↑郡司くんは補欠だったが、しっかりいい仕事している。えらい! そのうち主将を任されるよ、きっと。



福島チームの優勝を祝う須賀川と石川町の和平狛犬

ライチェル探検隊


駅伝見終わったら、ライチェル探検隊が迎えに来たので、渋々同行

カメラも取られてしまった



ゆうくんママが描いたらしいのだが、この下の人、誰よ



今日はこんなルートを……



地蔵菩薩と馬頭観音が一緒にいるところへ。ゆうくん、何をお願いしているのかと思ったら、
「ライチェルがずっと幸せでいられますように。それと、ゆいのワガママが直りますように」
……だってさ
うける~♪



寝る前に表に出たら、月が明るかった



真夜中の我が家。金も明るい展望もない老後生活で、住む家があるだけでも幸せだな。





タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では決して手に入らない本は⇒こちらで


タヌパックのCDはこちら たくき よしみつの小説

HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬ネット売店へ
『神の鑿』『狛犬ガイドブック』『日本狛犬図鑑』など、狛犬の本は狛犬ネット売店で⇒こちらです


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
  


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索