一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2019

2019/04/20

シェ・アカバネ




今日は義母の満88歳の誕生日。ということで、今市で一番人気のある(らしい)洋菓子屋さんに行ってケーキを買った。
昔は和菓子屋だったそうだが、洋菓子店になってからはすぐに人気店になったらしい。
上の写真、ショーケースの左側にチラッと写っているホールケーキは全部予約のもの。板チョコに「○○ちゃんおめでとう」とかデコってる。そういうのだけで数えたら14個もあった。確かにすごい人気店だな。
品数が多くてものすご~く迷んでいるうちにお客さんもどんどん入ってきたので、これは時間がかかりそうだと思い、ロールケーキを2個買った。
デイホームに行ってみんなでケーキを食べて、あたしは持参したEWIを吹いて音曲係。軍歌なら知っているというおばあちゃんたちなので、『同期の桜』と「見よ、落下傘、空を行く~♪」という、高木東六が作曲したやつとかを吹いた。
キミノさんがまた「みんな笑顔で出征していったんだよ~。大変な時代だったねえ」としみじみ言う。

お洒落なお店らしからぬネーミングのものが……。面白そうだから1つ買ってみた。



デイホーム到着。前の田んぼに水が入り、さっそくシュレの卵が流出している↑と思ったら……家に帰ってから写真を拡大して見たら、野球のボールみたいだ↓。なんだ~。



↑これも違うかな?



久しぶりにまともなケーキを食ったら、やっぱりうまかった。



一人で食べられなくなった義母。



BOSEのBluetoothスピーカーが活躍。EWIをラインで、カラオケをBluetoothで。スピーカー内でミックスして音を出してくれる。


栃木のいも兄ちゃん


家に帰って、「栃木のいも兄ちゃん」を食べてみる。想像していたよりうまかった。一種のブランデーケーキ。なぜか姉妹品?のほうは「梅マドレーヌ」と普通のネーミング。「これはウメ~!」くらいにすればいいのに。

ほのかにブランデーの香りが効いてる。↓中身はこんな感じ。

QOLという言葉がある。生活の質。認知症や老化による運動能力の著しい低下がQOLをどう変えてしまうか……それを、認知症が進むと自分では判断できなくなるだろうと思う。
となると、信頼できる家族や介護スタッフのような人が、本人に代わっていろいろ決断していかなければならない。これがとても難しいし、大変な責任を伴うことなのだよね。


医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
  


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索