一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2019

2019/05/15

修那羅山 安宮神社へ


さて、いよいよ修那羅山へ。
しかし、長谷寺がどのICからも離れているために、かなりの道のりだった。まず、上信越自動車道に乗るまでが遠い。しかも渋滞している。
ようやく上信越道に乗って、横川SAで昼ご飯……と思ったのだが、なんだか魅力的なメニューがない。SAって概してこうなのよね。力を入れなくても人が集まるから、安くてうまいものが少ない。
じゃあ、次のPAまで……と走り始めたら、これが結構長い。
佐久平PAに着いたら13時になっていた。ようやく本日の一食目にありつく。
悩んだ末に、あたしは牛肉のワンプレートランチ(980円)↑というのにしたのだが、ものすごい量で、食うのが大変だった。助手さんはチャーシュー麺↓(650円だったかな?)。「普通だった」そう。



信州の景色は違うねえ……山波が日光あたりとは全然違う↑ ↓こんなのもあったりして……


この後、さらに上信越道を進み、上田菅平ICで降りて、青木村をめざす。

青木村役場


14時半に青木村役場に到着。途中飯を食ったとはいえ、長谷寺から2時間半かかった。遠いわ~。で、この役場、とてつもなく立派。パンフとかをもらえると思って入ったのだが、ロビーには掃除のおばさん1人しか見あたらない。利用している人の姿ゼロ。一体この建物を作る金、どこからどうやって出たんだろう?


修那羅峠


そこから道なりに上っていくと修那羅峠へ。ここに結構広いPがある。長野ナンバーの車が1台停まっていただけ。ここに車を置いて、徒歩で山を登っていくと800mで安宮神社に着くらしいが、相当な登り坂みたいだからパス。半時計方向に大回りして神社のすぐ下のPまで行く道を選択。

歩くと800m、クルマで行くと5.5kmということか……。


↑手前が修那羅峠のPで、向こうに見えているのが徒歩での上り口


ここを歩いて上っていってもいいが、ヘタレなので上らない。

安宮神社駐車場


すれ違いが大変そうな道を車で上っていき、神社下のPに到着。1台もすれ違わなかったし、人の姿もなかった。「ポツンと一軒家」のロケなら、道を聞ける人も見つからない感じだな。Pにはバイクの男性がいたが、入れ違いで下山していったので、僕らだけになった。

ここからは左側に遊歩道。右側は社務所に続く舗装道だが、その道は社務所の人専用なので、車で入っては駄目。もちろん遊歩道のほうを選んで上る。

この小径の左側には、最近建てられた句碑、歌碑などが並んでいる。昔は仏像、今は歌碑?




落ち葉や苔が積もっている道を進む。



↑前方に鳥居が見えてきた。 その鳥居をくぐると……↓

↓神社に到着



↑境内の燈籠の中に何かあるので覗いてみると……

ん? 北海道のお土産??



右のほうになんか並んでいる……。インドの牛みたいなのもいて、すでにカオス感が漂う。

文化財指定を受けていた。よかったよかった。

このあたりのはかなり新しい。



社殿前に出ている花。こういうのを刈り取ってしまう寺社も多いが、ここはちゃんと愛でている感じで、とてもいい雰囲気。




社殿の中を覗くと、結構……なんというか……な感じも……。

さて、まずは本日最大の目的である「猫」を確認せねば。右に回ったところにいるはずなんだよね。
では、いよいよ「猫」とご対面……は、次ページで。


タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では決して手に入らない本は⇒こちらで


タヌパックのCDはこちら たくき よしみつの小説


小説・神の鑿 上巻 ─石工 小松利平─

「神の鑿」石工三代記の祖・小松利平の生涯を小説化。江戸末期~明治にかけての激動期を、石工や百姓たち「庶民」はどう生き抜いたのか? 守屋貞治、渋谷藤兵衛、藤森吉弥ら、実在の高遠石工や、修那羅大天武こと望月留次郎、白河藩最後の藩主で江戸老中だった阿部正外らも登場。いわゆる「司馬史観」「明治礼賛」に対する「庶民の目から見た反論」としての試みも。
正式出版が決まり次第配布終了。今だけの特別配布。

B6判 250ページ オンデマンド 1280円(税別) 送料:220円
ご案内ページは⇒こちら


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬ネット売店へ
狛犬ネット売店

『神の鑿』『狛犬ガイドブック』『日本狛犬図鑑』など、狛犬の本は狛犬ネット売店で⇒こちらです


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
  


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索