一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2019

2019/05/15

修那羅山の石仏群(1)



さて、いよいよ猫が門番をしている入り口を潜って、修那羅山の石仏群をめぐる。
以下、引用符付きの解説は「修那羅山安宮神社石神仏群ガイドマップ」(筑北村教育委員会 2017年作成)からの引用だ。

よし。入れ!



頭をぶつけて入り口を潜った先では、まずこんな光景が出迎えた。



修那羅大天武 (高70cm) 大天武の死後、土地の人々が古人の言い伝えをもとに、彼の偉大さを称えて像を奉納。境内で最も大きく高い石像で、身の丈五尺七寸(約1m73cm)の大男であったといわれる風貌が窺える。


風神 (高40cm) 髪を後ろになびかせて垂れ下がった像容から風神像と思われる。(略)里の風祭りには、田に「おんべ」を立て祀る風習が今も坂井地区に残っている。

ちょっと奥まったところにいる人








倒れている像も多い↑↓







対神 (高 42cm) 弁財天にあやかって彫られた対神像。女性の福の神として祀られたものであろう。


蚕神 (高 53cm) 十二単衣をまとった姫神像は、蚕の白く美しい化身としての蚕神様(蚕影様)で、蚕の成育を祈願して祀られたものであろう。

↑どうも「……であろう」という説明が多いガイドマップ。ほんとかなあ……(^^;;









銭謹金神(ぜに神様) (高 44cm) 前面に「銭謹金神」と刻まれている。丸と四角の穴あきの銭を持つ。他にも同じ形の像が二体ある。


……であれば、これは酒呑み神様?









千手観音 (高 57cm) 佐久間象山が奉納したと伝えられる。他とは違ってしっかり彫られている。














タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では決して手に入らない本は⇒こちらで


タヌパックのCDはこちら たくき よしみつの小説


小説・神の鑿 上巻 ─石工 小松利平─

「神の鑿」石工三代記の祖・小松利平の生涯を小説化。江戸末期~明治にかけての激動期を、石工や百姓たち「庶民」はどう生き抜いたのか? 守屋貞治、渋谷藤兵衛、藤森吉弥ら、実在の高遠石工や、修那羅大天武こと望月留次郎、白河藩最後の藩主で江戸老中だった阿部正外らも登場。いわゆる「司馬史観」「明治礼賛」に対する「庶民の目から見た反論」としての試みも。
正式出版が決まり次第配布終了。今だけの特別配布。

B6判 250ページ オンデマンド 1280円(税別) 送料:220円
ご案内ページは⇒こちら


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬ネット売店へ
狛犬ネット売店

『神の鑿』『狛犬ガイドブック』『日本狛犬図鑑』など、狛犬の本は狛犬ネット売店で⇒こちらです


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
  


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索