一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2019

2019/06/10

SH-M08のカメラ性能はどうなの?

左からXZ-10、SH-M08、iPod touch6

スマホが来てからも、腰の左側には相変わらずXZ-10というオリンパスのコンパクトカメラが一日中ぶら下がっている。
スマホの内蔵カメラで大差ない写真が撮れるなら、これをぶら下げておく必要はないのでは? と、普通は思うよね。
では、実際には「お散歩カメラ」「日常のメモ代わりカメラ」として、シャープのスマホSH-M08はどうなのか?
iPod touch6も加えて、3つの撮り比べをしてみた。

まずはのぼるくんをモデルに。
暗い室内、窓から射し込む光が逆光になっている場所で撮ったものを顔の部分だけトリミングして、さらにIrfanViewで調整してベストな見ばえにしたものを比較。普段の使い方でどれだけ差が出るか……。

iPod touch6 F2.4、1/30秒、3mm固定



SH-M08 F2、1/34秒、3mm固定



XZ-10  F1.8、1/80秒、5mm


近接撮影ではそんなに差が出ないというか、何かのタイミングでよくも悪くもなる感じ。
よく見れば、SH-M08は色味がいちばん不自然で、かつ、白い毛の部分が飛んでいる。iPod touch6は相当頑張っていて、改めてすごいなと感心するのだが、XZ-10に比べれば、背景のぼけ方が汚かったりする。でも、パッと見のインパクトは変わらない。
最近は海外の刑事物やスパイものドラマなんかで、現場写真や書類の盗み撮りにiPhoneを使っているシーンがよくあるが、実際、このくらい写れば何の問題もなさそうだ。
iPod touch6は1/2.3型とほぼ同じ面積で800万画素CMOS、SH-M08はサイズが分からないが、おそらく1/2.3型くらいで1200万画素センサー、XZ-10もやはり1/2.3型で1200万画素センサー。
レンズはiPod touch6がF2.4、3mm。SH-M08がF2.0、3mm。XZ-10はF1.8~2.7、4.7mm~23.5mm(26mm~130mm相当)。
レンズ性能はさすがにXZ-10の圧勝なのだが、この差がはっきり出るシーンとそうでもないシーンがあるわけだ。
次は草むらの写真。

iPod touch6




SH-M08




XZ-10

こういう写真だと、緑色の色調に差が出る。CMOSセンサーの性能があまり変わらないとすれば、やはりレンズの差なのだろうか。

上の写真の一部をトリミングで拡大し、花にとまっているミツバチを見てみる。

iPod touch6



SH-M08



XZ-10はトリミングせずとも光学ズームでここまでいける↑し、それをさらにトリミングしてもこれだけクリア↓



結局、XZ-10最大の強みは130mm相当のズーム端でもF2.7の明るさを誇るZOOMレンズなのだ。昆虫やカエルの写真を撮ることが多いあたしとしては、やはりスマホの内蔵カメラですべてOKというわけにはいかない。

……ということで、大体結論は出た。
iPod touch6とSH-M08の内蔵カメラ性能は大差ない。
料理の写真とかメモ代わりの近接撮影ではiPod touch6やSH-M08でも十分いける。
しかし、風景の細かな色階層やズームマクロ的な撮影ではXZ-10とは比較にならない。
そりゃまあそうだよなあ。それじゃなければ「カメラ」を別に持ち歩く意味がないものね。

では駄目押しで、いくつか撮り比べを並べてみる。
iPod touch6でトリミング拡大した丸池のトウダル↑



XZ-10ならここまでいける↑



iPod touch6



SH-M08



XZ-10



SH-M08↑



XZ-10↑



iPod touch6↑



SH-M08↑



XZ-10



逆光でどこまでいけるか iPod touch6



SH-M08



XZ-10



上の写真をトリミングして拡大 iPod touch6



SH-M08



XZ-10はトリミングせずともズームでここまでいける



木々の緑をどこまで細かく描写できるか iPod touch6



SH-M08



XZ-10



パッと見、分からないミニ池のトウダル トリミングで拡大してさらにIrfanViewでガンマ補正して、なんとか見えるようにした……↓ iPod touch6




同じことをSH-M08でもやってみる




XZ-10だと光学ズームでできる





白飛びしがちなドクダミの花。普通に撮ると案の定白飛びしたので、IrfanViewでガンマ補正したが、飛んだものは戻らない↓ iPod touch6



SH-M08でも同じ傾向だった↑↓




XZ-10だとこう↑↓



赤・白・緑……iPod touch6 色味が薄い……



SH-M08でも同じ傾向↑



XZ-10だと色が濃くきれいに出る↑ 花の赤い色はこれがいちばん実際に近い
iPod touch6やSH-M08では、どうしても色味が薄く出る傾向がある。明るく写そうとしすぎるのだろうか。
ちなみにSH-M08のカメラは、AI AUTOと普通のAUTOのモードがあり、AIにしておくと被写体の種類を自動認識して最適なモードに調整するということになっているのだが、花に関してはAIにしてもしなくてもほとんど差が分からなかった。しかも、赤い花がピンクの花になってしまう。

被写体が花だと自動認識している状態↑



↑普通のオートモード  ↓AIオートモード


スマホの内蔵カメラはただでさえ無理をしているので、「自然な色味で」とか考えても仕方がないのかもしれない。開発者の味付けセンスを信じてAiモードにしておくのがいいのかな。
ただ、花を人物だと誤認識したりすることがときどきあるようだ。
最後に動画性能の比較もサクッとしてみた。

XZ-10はもともと動画性能があまりいいとはいえないので、スマホと大差ないかもしれない。下手すると負ける可能性も??

……というわけで、とりあえず再認識したことは、

ということかな。
当面、XZ-10を左の腰にぶら下げる生活は続きそうだ。
mineo←mineoで大手の高額料金を減らそう(Clickでご案内ページ)


タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では決して手に入らない本は⇒こちらで


タヌパックのCDはこちら たくき よしみつの小説

ガバサク談義へ
たくきのカメラガイドはこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
  


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索