一つ前の日記へ一つ前 |  目次   | 次へ次の日記へ

のぼみ~日記 2022

2022/08/09

生まれ変わり?



獏原人村の住人だった大塚一家が現在の居住地・岡山から2年ぶりに獏を訪れたというフェイスブックの写真を見て、懐かしくなって昔の写真を発掘してみた。
↑これは2007年6月12日の日付がExif情報に残っている。
日記をたどって見たら、⇒ここにあった

15年前かぁ~。楽人くんももうすぐ成人ではないか……ふうぅ……。

で、この日の写真ファイルをチェックしていたら、のぼるくんそっくりのネコを撮った写真が何枚もあった。
のぼるくんをみ~と一緒に拾ったのは2011年の6月だったから、その4年前。このときはあまり気に止めなかったのは当然だ。なにせ、のぼるくんはまだいないのだから。
のぼみ~を拾ったときも、今にも死にそうな子猫だったし、色ももっと白かったから、その4年前に獏で見たネコのことを思い出すはずもない。
そのまま記憶に埋もれていたのだろうが、今こうして見ると、あまりにも「同じ」なので驚いている。

以下はすべて2007年6月、獏原人村で撮った写真。
確かマサイさん夫婦は「飼っているわけじゃない」と言っていたような……。
何匹かやってくるネコのうちの一匹ということだったような……。(記憶おぼろげ)

















この日記の常連読者さんでのぼるくんを知っている人ならみんな、「え? のぼちゃんじゃないの?」と驚くだろう。
のぼるくんは↓これ

















……ね?
どこが違うの? というくらい同じでしょ。
まぁ、よ~く見ればちょっと違うんだけど、ポーズや表情の作り方まで同じ。
2007年6月に見たあのネコは、4年後の原発爆発のときは生きていたのだろうか。
もしかすると、あのネコが死んで、生まれ変わったのがのぼるくんなのだろうか?

歳を取ると、どうしてもこういう発想になってしまうのよね。


これを書いているたった今、足元にいるのぼるくん↑↓


ペンタックスK100D

で、この2007年の獏原人村での写真のExifを見ると、撮ったカメラはペンタックスのK100DとコニカミノルタA200だった。
K100Dは610万画素のAPS-CサイズCCD。
A200は2/3型で800万画素のCCD。
どちらも1000万画素ないCCDで、今見てもすごく明るく、明暗差があってもしっかり階調が表現できている。
まさに『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社現代新書)のタイトル通りの名機だった。
操作性(連写速度とか)や記録媒体(あの頃はまだコンパクトフラッシュとかだった)の点で、今からあの時代に戻るのは辛いが、撮れる写真の美しさという点ではむしろあの頃のほうがよかったのではないか、とさえ思う。


Amazonで購入   Apple Music   My Sound   Line Music
『いろはうた たくき よしみつ SONGBOOK3』発売♪ ほとんどの配信サイトから視聴&購入できます


「マイルド・サバイバー」 (たくき よしみつ・著、MdN新書)

   
Amazonで購入で購入は⇒こちら
以下からもご購入できます(Click)
楽天ブックスで買う    セブンネットで買う(セブンイレブン各店などで受け取り)     Yahoo!ショッピングで買う    hontoで買う


用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント  用務員・杜用治さんのノート』 Amazonで購入で買えます
Kindle版は⇒こちら(500円)


           

免疫系を正常に保つのに効果があると複数の医師が進めているビタミンD3。10000iu含有でいちばんお安いのがこれ↑
Amazonで購入で2830円。8円/粒 ⇒こちら



タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では手に入らない本は⇒こちらで

★Amazonでも購入できます⇒Amazonで購入こちら

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Facebook   Twitter   LINE


一つ前の日記へ一つ前 |  目次  | 次へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索