一つ前の日記へ一つ前 |  目次   | 次へ次の日記へ

のぼみ~日記 2022

2022/12/21

タラビッチの「クレムナ予言」 その内容と信憑性(3)


タラビッチの「クレムナ予言」の解読に取りかかって5日目。
前回はテレビのことを述べていると思われる箇所の読み解きで終わったが、その後から続けてみる。

地下資源採掘で手に入れる宝は「本当の力」ではない

人々は地面に井戸を掘り、そこから宝(gold)を掘り出します。その宝は身の回りのあらゆるものを変化させ、光、スピード、強さをもたらします。しかし、そのために地球は悲しんで涙を流します。なぜなら、地球の奥底にある宝より地表にある宝のほうが多いからです。 人が宝を掘り出すためにあけた穴の傷はやがて癒えてきます。
(地中の宝を得るために)人々は草を刈り種を蒔くのと同じようにあちこち掘り返しますが、掘っていい場所と悪い場所があります。その宝の威力は人々の生活を埋め尽くします。「さあ、来い。どんどん取りまくれ。このおかしな宝は周りにいくらでもあるぞ」とそそのかされますが、ずっと後になって、人々は自分たちが掘った穴にあった力がどんなものだったかを知ります。それは本当の力ではなかったのです。なんと馬鹿なことをしたことでしょう。
タラビッチが生きた19世紀後半は、石油の存在と可能性については知られ始めていたが、まだ本格的な石油文明は始まっていなかった。
世界で最初に設立された石油会社はアメリカ、ニューヨークの弁護士ビッセルが1854年に設立したペンシルベニア・ロックオイル社で、同社が本格的に石油採掘に乗り出したのはその5年後だそうだ。
その頃、タラビッチは20代の青年だが、セルビアの小さな田舎町で農夫をしていた彼がそんなことを知るはずもない。

1870年代になるとロシアでも石油産業が発展し、1870年には20万バレルだった原油生産量が20年後の1890年には2900万バレルにまで増大した。
このロシアの石油産業発展の主役が、スウェーデンのノーベル兄弟とフランスのロスチャイルド家だった。

タラビッチとノーベル兄弟は同時代を生きた

ロシアで石油開発をしたノーベル兄弟というのは、ノーベル賞の設立で有名なアルフレッド・ノーベルを含む兄弟のことだ。
父親のイマヌエル・ノーベル(1801-72)は爆発物や兵器製造でクリミア戦争 (1853–1856) で大儲けした。その後、軍が支払いを渋り始めて兵器工場は一旦破産したが、後を引き継いだ次男ルドヴィッグ・ノーベル(1831–1888)が再び工場を発展させた。
アルフレッド・ノーベル(1833-1896)は8人兄弟の4人目で、8人のうち4人は夭逝し、成人したのは4人だけだった。
アルフレッドはその4人のうち3番目に当たる。彼は複数の家庭教師をつけてもらい、語学と化学を学び、フランス・パリやアメリカにも留学してさらに化学の知識や事業化としてのセンスを身につけた。

兄のロベルトとルドヴィッグは、1875年、ロシアの石油地帯であるバクー(現在はアゼルバイジャン共和国)で石油採掘を始め、4年後に「ノーベル兄弟産油会社」を設立。これには弟のアルフレッドも出資している。
ノーベル兄弟産油会社は掘削だけでなく、製油、販売、パイプラインと鉄道を使った輸送も行い、さらには世界初のタンカー「ゾロアスター号」を建造して諸外国に石油を売る世界最大規模の石油会社に成長した。最盛期にはロシア最大の石油会社として石油製品の40%を生産していた。
バクーに作られたノーベル兄弟産油会社の関連施設。1876-1920年(写真:スウェーデン国立科学技術博物館所蔵)

一方、フランス・ロスチャイルド家のアルフォンソ・ロスチャイルドもバクー油田の石油生産事業に参入した。1886年、バクーから黒海の港町バツームまで鉄道を敷設する事業に融資するのと引き替えにバクー油田の権益を獲得し、カスピ海・黒海会社(通称・Bnito)を設立し、イギリスに販売会社も設立した。
ノーベル兄弟産油会社はこのロスチャイルドから融資を受け、1894年、アルフレッドが武器製造業に進出。以後、ノーベル家とロスチャイルド家は協力し合って世界に石油と武器を売り込むようになる。
当時ヨーロッパではイギリスのアームストロング社とフランスのシュネーデル社が銃器製造の大手だったが、この両社ともにロスチャイルド傘下の会社だった。

セルビアの小さな村で農夫をしていたタラビッチが石油などの地下資源は「本物の力ではない」と警告的な予言をし、これから起こる戦争が神の意に反した愚行だと嘆いていたその時代に、ノーベル兄弟やロスチャイルド家が石油採掘と戦争で大儲けしていたというのは、皮肉というか、なんとも考えさせられる。

タラビッチが石油文明のことを予言した部分は前々回にも紹介したが、その後、セルビア語で書かれた原文を入手したことで、一部、違った和訳にしてみた。
英訳ソフトで得られる
these forces will be all around them, only that he won't be able to speak and give them says: "Come on, take me, don't you see that I'm a stranger, all around you
……という部分がどうしてもうまく解釈できない。
この「Come on」と言っているのは誰なのか? 地下資源開発の亡者か、それともそうした人々に「地球」や地下資源が挑発的に言っている言葉なのか……。
ここでは「よく分からない」ということにしておき、とりあえず次を見てみる。

長い時を経て、人々は「本当の力」を思い出し、自分たちが掘った穴にあったものがいかに馬鹿げたものだったかを知るでしょう。
サーミ人(ラップランド及びロシア北部コラ半島に居住する民族狩猟・遊牧を行う少数先住民族)だけでなく、他の人々にも、もともとそうした本当の力があるのですが、人々がそれを見つけて使うには時間がかかります。
とにかく、人は長いこと、自分たちの本当の姿、本当の力を知らずに暮らします。
書物を通した知識を得て、自分はすべてを知り、なんでもできると思いこむ知識人がたくさん現れます。そうした連中のおかげで、真実への到達に大きな障害ができてしまうのです。
そして本当のことが分かったとき、人々は自分たちが知ったかぶり連中の言うことに耳を傾け、信じていたことがとんでもない妄想だったということを思い知るのです。
真実を悟る日が来たとき、人々はなぜこのことに気づかなかったのだろうと後悔するでしょう。なぜなら、真実は極めて単純なことだったからです。
人々は自分は何でも知っていて何でもできると思い込み、ありとあらゆる愚かなことをしますが、実のところは何も知っていなかったのです。

……と、くどいほど、現代文明批判と取れる言葉が続いている。
農夫タラビッチにとっては、現代石油文明や「知識」の名を借りた人間の浅知恵は、神を通じてしか知ることができない「本当の力」ではない。むしろ素朴な遊牧生活をするラップ人の生き方のほうが「本当の力」を知っている生き方なのだ。
そうした現代文明批判的なことを繰り返し述べていて、聞いているザハリヒ司祭も、聖職者としての自分の世界観を多少織り交ぜながらタラビッチの言葉を書き留めていったのではないだろうか。

「東方の賢者たち」は新コロ詐欺を告発した医師や学者たち?

これだけなら、単にセルビアの学のない農夫が、自分が生まれ育った片田舎での素朴な生活への愛着と、敬虔な信仰心から成る心情と世界観を予言的な物言いで表現しただけだ、と取られるかもしれない。しかし、これに続く言葉が注目される。
東方に賢者たち(ヽヽ)が現れ、彼らの叡智は海を超えて広まりますが、人々は長い間彼らの叡智を信じず、そんなことは嘘だと宣伝します。
しかし、そうした喧伝をする者たちの魂が邪悪なわけではなく、不正より少し悪いものが存在しているだけなのです
私たちの国だけでなく、そうした者は全世界にいます。彼らは神が与えし空気や美を憎み、悪臭の中に逃げ込むでしょう。誰かに強制されてそうするのではなく、自らの意思でそうするのです。

私はこの部分を読んで、現在の人工ウイルスや、そのワクチンだとしてばらまかれた遺伝子製剤のこと、今のマスク社会の光景を想起してしまった。
この嘘を見抜いて声を上げる「全国有志医師の会」の医師たちなどは、さしずめこの「東方に現れる賢者たち」だろうか。
新コロ詐欺を糾弾し、警鐘を鳴らす医師や学者たちは世界中に出現してきているわけだが、セルビアから見ると概ね「東方」ということなのかもしれない。
また、金と自己保身のために良心を捨て、魂を売ったような自称専門家や政治家らもいるが、他の多くの人たちは悪意からではなく、メディアや政府の言うことを疑うこともなく受け入れたために「そんなのは嘘だ」「馬鹿げた陰謀論だ」と言い張っている。
この状況もまさしく「人々は長い間(賢人たちの)叡智を信じず、そんなことは嘘だと宣伝する」という言葉にあてはまるように思う。
瞞された人たちは、「神が与えし空気や美を憎み、悪臭の中に逃げ込む」「誰かに強制されてそうするのではなく、自らの意思でそうする」……まさにロックダウン、ステイホームの図ではないか。


さて、今回も世界最終戦の部分まではいきつけなかった。いよいよ次回はそこに踏み込んでみる。
重曹とかいろいろ
ビタミンD3サプリ
免疫系を正常に保つのに効果があると複数の医師が薦めているビタミンD3。
Amazonで購入で2830円。8円/粒 だったものが円安で高騰中(2022/10/18時点では3499円。10円/粒)  ⇒こちら


マグネシウムサプリ
↑これも1日おき、2日おきくらいに併用しています。気合いが入りやすくなるような?? プラシーボかもしれませんが……。

「マイルド・サバイバー」 (たくき よしみつ・著、MdN新書)

   
Amazonで購入で購入は⇒こちら
以下からもご購入できます(Click)
楽天ブックスで買う    セブンネットで買う(セブンイレブン各店などで受け取り)     Yahoo!ショッピングで買う    hontoで買う


用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント  用務員・杜用治さんのノート』 Amazonで購入で買えます
Kindle版は⇒こちら(500円)

人類を養殖している生物がいる
2013年時点ですでに現代の終末戦争を予言していたかのような小説 『人類を養殖している生物がいる』 Kindle版 180円

書籍版もあります(1408円)

           



タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では手に入らない本は⇒こちらで

★Amazonでも購入できます⇒Amazonで購入こちら

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Facebook   Twitter   LINE


一つ前の日記へ一つ前 |  目次  | 次へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索