一つ前の日記へ一つ前 |  目次   | 次へ次の日記へ

のぼみ~日記 2024

2024/05/18

クロスジギンヤンマの産卵

南斗池に青緑色のトンボが飛んできて、池の大きさを確認するかのように対角線上に飛び回った後に消えた。その翌日くらいだっただろうか、今度は黄色に黒い模様の大きめのトンボが飛んできて、産卵し始めた。
クロスジギンヤンマという種類らしい。最初に来た青緑色のがオスで、黄色に黒がメス。

この動画にもチラッと映っているのだが、オタマとは明らかに違う、小さなのっぺりした生きものがいる。
時折水面に浮上してじっとしていたかと思うと、サッと身体をくねらせて潜って消える。
ヒルにしては動きが俊敏だし、なんなんだろう。

動画から切り取ってみた。頭らしきものが確認できる。どうやらプラナリアかな。
まったく動かない黒いものがあったので、木の枝で掬ってみたら、どうも、間違って落ちてしまったなんかの虫の死骸らしい↓。こういうのも腐っていくと他の生物の餌になるのだろうか。

2024/05/21

クロスジギンヤンマ再来

またやってきた。3日前のと同じ個体なのか、違うのか。今回は産み方がダイナミック


ミドリーズ


南斗池のトウキョウダルマガエルは少しずつ増えているのだが、最初にいた黒っぽくて小さいやつらが目立たなくなり、今は背中に鮮やかな緑色の一本線が入っている兄弟みたいなのが増えている。見分けがつかないので、名前はつけてない。強いていえば、ミドリーズかな。


用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント。
  用務員・杜用治さんのノート

 Amazonで購入で買えます⇒こちらから

KindleKindle版は⇒こちら(500円)


Amazonが使えないかたは、こちらからも買えます(ただし、送料がかかり、納期も遅れます)
製本直送にてご購入


人類を養殖している生物がいる
2013年時点ですでに現代の終末戦争を予言していたかのような小説 『人類を養殖している生物がいる』
 Kindle版 180円


書籍版もあります(1408円)
オンライン決済でご購入
Amazonで購入でも買えます⇒こちら




『新釈・クレムナの予言 タラビッチが見た2025年』
最後はプーチンやヌーランドも登場する? 19世紀から現代人へのメッセージ

Amazonで購入で見てみる⇒こちら

KindleKindle版は⇒こちら(Kindle Unlimitedなら0円)
Amazonが使えないかたは、製本直送からも購入できます。
製本直送でご購入

(まえがき より)




Amazonで購入   Apple Music   My Sound   Line Music
『いろはうた たくき よしみつ SONGBOOK3』発売♪ ほとんどの配信サイトから試聴&購入できます


「マイルド・サバイバー」 (たくき よしみつ・著、MdN新書)

   
Amazonで購入で購入は⇒こちら
以下からもご購入できます(Click)
楽天ブックスで買う    セブンネットで買う(セブンイレブン各店などで受け取り)     Yahoo!ショッピングで買う    hontoで買う


           


日本の狛犬史を新しい視点で俯瞰していく試み。
新・狛犬学
A5判改定版・148ページ・フルカラー写真が500点以上!
2178円(税込)
Amazonで購入でご購入いただけます。⇒こちら


ご案内ページは⇒こちら

タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では手に入らない本は⇒こちらで

★Amazonでも購入できます⇒Amazonで購入こちら

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
シェア用ボタン↓
Facebook   Twitter   LINE


一つ前の日記へ一つ前 |  目次  | 次へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索